1: それでも動く名無し 2022/08/26(金) 17:39:36.43 ID:CQpXh/yL0
 プロ野球の歴史の中から、日付にこだわって「その日に何があったのか」紹介していく。今回は9月2日だ。

 1998年に38年ぶりの優勝、日本一を飾った横浜ベイスターズだが、それは“突然変異”の優勝ではなかった。前年の97年も快進撃を見せ、2位。しかも7月13勝5敗、8月20勝6敗の驚異的な追い上げで、首位・ヤクルトと最大14ゲーム差を一時は2.5ゲームまで縮め、そのまま奇跡の逆転優勝かとも思われた。

 そこに立ちはだかったのが、ヤクルトの23歳の快速球左腕・石井一久である。

 1997年9月2日、ヤクルトは横浜と3.5ゲーム差で敵地・横浜での3連戦を迎え、先発マウンドに石井を送った。

 立ち上がり、一番・石井琢朗にいきなり四球を与えたが、ストレートが走り、しかも指にしっかりかかっている実感があった。2回が終わった際には、ベンチに戻ると、近くにいた伊藤智仁に「もしかしたらできるかもしれない。狙ってみたいんです」と言った。ノーヒットノーランである。

 4回まではノーヒットも4四球とやや制球にばらつきがあったが、5回以降は完ぺきに横浜強打線を抑え込む。ただ、8回を終わったとき、石井は突然、野村克也監督に降板を申し出たという。そこまで107球、前年の12月に左肩の手術をしたため1試合100球をメドにしていたからだ。要は2回終了時には、100球で記録達成の自信があったということだろうか……。

 しかし、野村監督は、一瞬あ然とした表情を浮かべた後、「アホ、メッタにできることやないだろ。やれるときにやっとけ」。石井は、そのまま9回のマウンドに上がると3人でピシャリ。最後、121球目は、この日最速の151キロを掲示。記録達成後、ナインに囲まれ、胴上げされた。

 さすがの野村監督も「負けられない展開の中で、こんなことが起こるとはな」とぼやきなしの称賛を送った。

 ヤクルトは翌日も横浜に勝ってマジック21を点灯。そのまま優勝まで走った。まさにペナトレースの行方を決した大記録と言えるだろう。

https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=097-20170902-11

56

2: それでも動く名無し 2022/08/26(金) 17:40:35.99 ID:mau/e3gd0
はえー

【横浜旋風を止めたツバメの左腕【1997年9月2日】】の続きを読む