ツバメ速報@ヤクルトスワローズまとめ

東京ヤクルトスワローズのまとめブログ なんJ なんG おんJ  5ch まとめ プロ野球 Tokyo Yakult Swallows

    【お知らせ】ヤクルトの雑談用掲示板できました 右のサイドバーの上部付近に設置しています 荒らし対策で回線事規制してるIPがあります。数日程度で解除致します

    高橋奎二

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    スクリーンショット 2024-06-06 210857
    652: ヤ3-1西(9回表) 24/06/06(木) 21:09:11 ID:6Aj6
    今季初の4連勝です!
    信じられないわな

    【【試合結果】ヤクルト3-1西武 山田哲人決勝3号HR!高橋奎二7回1失点で2勝目!チーム4連勝!】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    i
    1: それでも動く名無し 警備員[Lv.5][新芽] 2024/05/29(水) 05:04:25.44 ID:k3GYQsJc0

    2: それでも動く名無し 警備員[Lv.5][新芽] 2024/05/29(水) 05:05:27.03 ID:k3GYQsJc0
    高橋も昨オフの契約更改で、将来的なメジャー挑戦の意思を球団側に伝えたことが、メディアで報じられた。
    WBCの大舞台でプレーしたことで、新たな目標を見出したのだろう。さらなる高みを目指すことは野球人として当然といえる。
    だが、現時点で通用するかと言えば厳しい。
    前出のメジャー代理人は高橋について、以下のように分析する。

    良い球を投げるし、大きな可能性を秘めていると思う。
    ただ、狙ったところに投げられるコマンド能力が低いことが大きな課題だね。制球が定まらないと、四球や安打を打たれる危険性が上がる。

    同じ左腕でも今永、宮城は制球力が抜群にいい。この部分が大きな違いになる。結果を出すことで自信につながる部分もあると思う。
    彼はシーズンで規定投球をクリアした経験がないし、2ケタ勝利を挙げた経験もない。
    1軍で活躍することを数年続ければ、メジャーでも評価が上がるでしょう」

    【現役メジャー代理人「高橋奎二はメジャーではコントロールが課題」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: それでも動く名無し 警備員[Lv.4][苗] 2024/04/11(木) 16:47:26.45 ID:PIFIf3J50

    【【画像】板野友美さんが作った料理がどんぶりめし10杯位食べれそうだと話題】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    5
    3: それでも動く名無し 2024/03/20(水) 09:33:10.06 ID:Sym2zMKG0
    サイスニ
    吉村
    ヤフーレ
    小澤
    高橋奎二
    ロドリゲス
    やと思うで

    【ヤクルトのローテ、地味にヤバい】の続きを読む

    • カテゴリ:
      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: Egg ★ 2023/12/21(木) 07:23:39.97 ID:ZKnhWqL19
    落合博満氏はかつて「契約金返してから言え」と提言

    今オフも将来的なMLB移籍を志願したとされる選手が多数現れている。西武・高橋光成投手、ヤクルト・高橋奎二投手、ソフトバンク・大関友久投手、広島・森下暢仁投手、ロッテ・佐々木朗希投手…。既にヤクルト・村上宗隆内野手は球団から2025年オフのポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を容認されているが、阪神OBの中田良弘氏は契約更改交渉後などに憧れを口にする選手の多さに疑問を感じている。

     「なんか勘違いしてるんじゃないかなというのが一番。権利を持ってないのなら、山本由伸のように日本で断トツの成績を残さないと。この選手ならメジャーで通用するんじゃないか、メジャーで見てみたいなとファンに快く送り出してもらえるようにならないとね」と持論を展開した。

     続けて「大谷や山本由伸の契約に関する報道などを見てると、日本とは比べものにならない金額だし、個人事業主であるプロ野球選手として、そこに魅力を感じたり、元々憧れていた舞台に挑戦したい気持ちを表すのは不思議ではないけど、筋が違うかなという印象だね」と口にした。

     現在、国内FA権を取得するためには、1軍登録日数8年(大学、社会人卒は7年)、海外FA権を取得するためには同9年が必要になっている。パドレスとの複数年契約が合意間近とされている松井裕樹は海外FA権を行使し、ヤンキース、メッツ、ドジャースなどが獲得に名乗りを上げている山本由伸は、オリックスがポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を容認した形となっている。

     各選手のこれまでの成績を書き出してみる。

     西武・高橋光成 在籍9年 通算157試合65勝57敗 防御率3・41

     ヤクルト・高橋奎二 在籍8年 通算84試合22勝22敗 防御率3・96

     ソフトバンク・大関友久 在籍4年 通算50試合12勝13敗 防御率2・87

     広島・森下暢仁 在籍4年 通算89試合37勝24敗 防御率2・82

     ロッテ・佐々木朗希 在籍4年 通算46試合19勝10敗 防御率2・00

     ヤクルト・村上宗隆 在籍6年 通算693試合 打率・276、191本塁打、514打点

     かつて阪神・井川慶投手がポスティングシステムを利用してのメジャー挑戦を希望した際、中日・落合博満監督は「希望はあくまで個人の希望。FA権を持ってないのにメジャーに行きたいというのなら、まずは契約金を返してから言え!っていう話だと思うよ」と持論を展開していた。

     希望や憧れを声にするのは選手の自由。ただ、必要戦力と考える球団が「NO」とはね返すのは当然の主張。選手会は海外FA権を得るための9年という期間短縮を働きかけているが、そう簡単にまとまる話でもない。球団とファンが納得し、気持ちよく送り出してくれる成績を残すことが、夢を叶えるための何よりの近道ではないかと思う。

    12/20(水) 17:45 ディリースポーツ 
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cc7a2bb45438b58ea345cbd02417b1aa508d4630  

    写真
    https://newsatcl-pctr.c.yimg.jp/t/amd-img/20231220-00000121-dal-000-12-view.jpg?pri=l&w=640&h=480&exp=10800no title

    【ポスティングでMLB挑戦を希望する選手続出に球界OBが疑問符】の続きを読む

    このページのトップヘ