ツバメ速報@ヤクルトスワローズまとめ

東京ヤクルトスワローズのまとめブログ なんJ なんG おんJ  5ch まとめ プロ野球 Tokyo Yakult Swallows

    【お知らせ】ヤクルトの雑談用掲示板できました 右のサイドバーの上部付近に設置しています 荒らし対策で回線事規制してるIPがあります。数日程度で解除致します

    橋上秀樹

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    gr
    1: それでも動く名無し 2023/12/01(金) 13:59:00.59 ID:jZw8aEsh0

    3: それでも動く名無し 2023/12/01(金) 14:00:47.74 ID:jZw8aEsh0
    楽天は30日、後輩選手へのパワハラ行為が発覚し、契約更改を延期していた安楽智大投手(27)を保留者名簿に記載せずに自由契約とした。
    かつて楽天でコーチを務め、来季からイースタン・リーグに新規参入するオイシックス新潟アルビレックスBC監督の橋上秀樹氏は、「独立リーグや海外であれば、手を差し伸べてくれるチームがあるかもしれない。

    6: それでも動く名無し 2023/12/01(金) 14:02:59.38 ID:jZw8aEsh0
    BCリーグ福島の監督であり、球団オーナーでもある岩村は、宇和島東高校出身だが、済美高で安楽が指導を受けた故・上甲正典監督の教え子。
    楽天は、安楽が本当に困った場合には、彼が救いの手を差し伸べるのではないか

    【元ヤクルト岩村率いる独立リーグの福島レッドホープス、安楽を獲得か?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    gr
    1: それでも動く名無し 2023/11/14(火) 20:26:30.01 ID:8SoC2Ob80

    2: それでも動く名無し 2023/11/14(火) 20:27:29.70 ID:wF7bCV+Z0
    今後複数球団による争奪戦が予想される中、元西武コーチで山川を指導した経験を持つ橋上秀樹氏(57)は、
    移籍先候補の最有力にソフトバンクを挙げ、来季パ・リーグ本塁打王の「大本命」とした。

    橋上氏は山川の移籍先について
    「報道ではソフトバンクと中日が候補に挙がっていますが、両球団が手を挙げたら間違いなくソフトバンクでしょう。
    金銭的にも色々な条件を含めて中日に行く要素が全く見当たりません。他の球団は今更割って入ろうとはしないと思います」

    【元西武コーチ「山川穂高は間違いなくソフトバンクに行く」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    34

    1: 風吹けば名無し 2018/10/23(火) 08:56:12.18 ID:hMVxrTbu0
    https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181022-OHT1T50243.html

     ヤクルトが橋上秀樹氏(52)の招へいに動くことが22日、分かった。今季は西武の作戦コーチとして10年ぶりのリーグ優勝に尽力もCS敗退が決まった21日に退団が発表されていた。ポストは2軍チーフコーチとみられ、「野村ID」を若手に注入する役割が期待される。

    5: 風吹けば名無し 2018/10/23(火) 09:02:55.49 ID:zv+7HFcad
    橋上って優勝請負人みたいなもんで結果出して次に引き抜かれてるイメージ
    よく二軍のしかもコーチとかやるなあ

    6: 風吹けば名無し 2018/10/23(火) 09:03:12.75 ID:2Y4K6/Czd
    >>5
    古巣だから

    【ヤクルト、西武の橋上作戦コーチを2軍チーフコーチに招へい 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6: 風吹けば名無し 2018/10/22(月) 16:42:06.04 ID:PgDxczWnM

     西武は21日、橋上秀樹作戦コーチ(52)と来季の契約を結ばないと発表した。2016年から3年間、攻撃のレベルアップに尽力し、今季もリーグ優勝の原動力となった強力打線を支えた。巨人や楽天、日本代表などでコーチを務めるなど豊富な経験があり、現役時代に在籍したヤクルトがコーチとして招へいするとみられる。

    =2018/10/22付 西日本スポーツ=https://www.nishinippon.co.jp/sp/nsp/baseball_lions/article/459302/

    34


    【橋上秀樹コーチが西武と契約解除、ヤクルトが招へいか】の続きを読む

    このページのトップヘ