ツバメ速報@ヤクルトスワローズまとめ

東京ヤクルトスワローズのまとめブログ なんJ なんG おんJ  5ch まとめ プロ野球 Tokyo Yakult Swallows

    【お知らせ】ヤクルトの雑談用掲示板できました 右のサイドバーの上部付近に設置しています 荒らし対策で回線事規制してるIPがあります。数日程度で解除致します

    新球団

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    m_fullcount-1501685
    https://news.goo.ne.jp/article/fullcount/sports/fullcount-1501685.html

    1: それでも動く名無し 2024/02/04(日) 18:55:02.71 ID:I+jzLqv70
    果たしてこれはNPB球団なのか?

    【NPB「新2軍球団増やしたけどドラフトには参加しないし選手会にも入らないぞ」←これ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20231026_nigata_kko-560x373
    https://full-count.jp/2023/10/26/post1462343/

    1: それでも動く名無し 2024/02/03(土) 17:38:49.25 ID:OVsJTJ5pd
    チームの優勝→現実的に考えて無理
    若手の成長→成長したらNPB球団に引き抜かれる
    元NPB選手を応援→メンツが微妙


    実際問題何をモチベーションにするんや

    【新2軍球団のファン何をモチベーションに応援すればいいのかわからない】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    d4f3eb9b7770756bf687cee70cd11ecc_1
    1: 朝一から閉店までφ ★ 2024/01/04(木) 15:28:42.68 ID:lvozEkj59
    [ 2024年1月3日 19:14 ]

     元横浜(現DeNA)の野村弘樹氏(54)と元ヤクルト監督の真中満氏(52)が2日放送のニッポン放送「ショウアップナイタースペシャル」に出演。今季から2チーム増えた2軍のシステムを再確認した。

     今季から2軍に新規球団が2チーム参入する、静岡市の本拠地とする「ハヤテ223」はウエスタン・リーグ、新潟市が本拠地の「オイシックス新潟アルビレックスBC」はイースタンリーグに所属する。

     いずれも1軍チームを持たないが、真中氏は「NPBを自由契約になった選手はこの2チームに所属することによってシーズン中にNPBに戻ることができる」と解説した。

     NPB球団と過去契約した経験がない選手の場合は新規2球団に所属していても秋のドラフト指名を経なければ1軍でプレー出来ない。


     そして、真中氏は「僕が注目しているのは新潟アルビレックスに阪神から移籍する高山俊。昔から追っかけてきた選手なので」と続けた。

     真中氏はヤクルト監督時代、ドラフト1位指名で競合した高山の抽選クジを当たりと勘違いしてガッツポーズした経緯がある。

     野村氏も「2軍の注目度があがるんじゃない?上を目指すには最高の場所」と新規球団の可能性に期待した。

    https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2024/01/03/kiji/20240103s00001173482000c.html

    【2軍の新規2球団のルールを再確認…新潟、静岡の選手は1軍に上がれる?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    nt
    1: それでも動く名無し 2023/10/27(金) 16:50:06.46 ID:VJkgLgQzM
    食品通販の会社「オイシックス・ラ・大地」がメインスポンサーに

     2024年シーズンからNPBの2軍公式戦に参加することが内定している新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ(BC)は26日、都内で記者会見を行った。食品通販会社の「オイシックス・ラ・大地」がメインスポンサーになり、新球団名が「オイシックス新潟アルビレックス・ベースボール・クラブ」となることを発表した。

    「オイシックス・ラ・大地」は有機野菜や無添加加工食品などの通信販売を行う会社。同社の代表取締役社長である高島宏平氏が、来年1月以降に新潟アルビレックスBC代表取締役会長への就任が予定されている。同球団の2軍参戦は11月のNPBオーナー会議で進捗を報告し、問題がなければ正式決定する見込みとなっている。

     会見では高島氏が「日本一選手が育つ球団、日本一おいしい球団」として選手育成に加え、食品通販会社ならではの食事の面でも全面サポートすると発表。「すくすく育つ球団として、2026年までにWBCのような(大会の)日本代表になるような選手を、新潟球団から輩出したい」と当面の目標を掲げた。

     新潟アルビレックスBCは2006年に設立され、翌2007年に創設された独立リーグ「BCリーグ」(現ルートインBCリーグ)に参加。これまでにDeNA・知野直人内野手(2018年ドラフト6位)ら、7人をNPBに輩出している。来季からイースタンリーグに参戦する見込みで、既に橋上秀樹監督(元ヤクルトなど)の来季続投が発表されている。

    https://full-count.jp/2023/10/26/post1462343/

    【二軍の新球団・新潟アルビレックスBCの新名称「オイシックス」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    npb
    1: それでも動く名無し 2023/10/02(月) 14:19:28.66 ID:tMYuniYn0
    【ハヤテ223会見 要約①】
    ・監督やコーチ、選手は静岡球団を意識した組閣づくりをめざしている。
    ・最多セーブ賞受賞者、通算1000安打以上放った方、メジャー経験者ら、5~10人まで絞り込み、交渉中
    ・球団名、チームカラー、ロゴなども決まっていない

    https://x.com/katayaman19/status/1708674436453593248?s=46&t=vL0GGLCOVNcJ3UEnxpGS6g

    【静岡新球団「最多セーブ経験者、通算1000安打の選手、元メジャーリーガーと交渉中」】の続きを読む

    このページのトップヘ