ツバメ速報@ヤクルトスワローズまとめ

東京ヤクルトスワローズのまとめブログ なんJ なんG おんJ  5ch まとめ プロ野球 Tokyo Yakult Swallows

    【お知らせ】ヤクルトの雑談用掲示板できました 右のサイドバーの上部付近に設置しています 荒らし対策で回線事規制してるIPがあります。数日程度で解除致します

    戦力外

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    tyd
    1: それでも動く名無し 2024/01/02(火) 08:59:33.28 ID:DvFhC0xe0
    真中氏は「注目しているのは高山俊が阪神から移籍する。高山俊は昔から追っかけて、気になっている選手」と話すと、同じく番組に出演していたショウアップナイター解説者の野村弘樹氏が「どういう意味、活躍しそうということ?」と疑問に感じた様子。真中氏がすかさず、「野村さん、僕と高山俊の関係知らないんですか?」と返答。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/217bc5bf724d040bc592eeb9ff48873535f4f66f

    【真中満「高山俊(阪神戦力外)が気になる。前々から注目してる選手。まだやれる」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20230114_takayama_ky
    https://full-count.jp/2023/11/16/post1472088/

    1: ◆SOUkaSpfTo 2023/11/21(火) 19:24:57.49 ID:oOx/hYTy0
    鳴らない電話

    【お前ら「高山、上林、北條、高橋純平はどこか獲るやろ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    uk
    1: それでも動く名無し 2023/11/19(日) 12:45:05.89 ID:NNdLQPlR0
    今季限りでヤクルトを戦力外となった松本友内野手(28)が、警察官になるため試験を受けることが18日、分かった。NPBでの現役続行は断念し、2024年1月に予定されている警視庁の採用試験を受けることを決断した。

    「もともと格好いいなという思いはありましたし、学生の頃から警察官や消防士に憧れがあったので、今回、警察の試験を受けることに決めました。将来は機動隊員やSPになりたいです」

    毎年各球団から10人程度の選手が戦力外通告を受けるが、多くは現役続行を希望し、他球団や独立リーグ、社会人チームなどに移籍する。現役引退を決断した選手も一般企業で働くことが多く、警察官への挑戦は異例。警察官は警察庁で働く国家公務員と都道府県警察で働く地方公務員に分かれており、警視庁のⅠ類(大卒者)の倍率は5~6倍。1次試験(教養・論文・国語)、2次試験(面接・身体検査・体力検査)とあり、狭き門となっている。警視庁にも野球部は存在するが、合格後に入部するかは未定という。

    松本友は福岡県出身で東福岡高、明学大と進み、独立リーグのBC福井を経て2019年育成ドラフト2位でヤクルトに入団。長打力が武器の左の強打者で20年に支配下契約を勝ち取り、21年には27試合に出場。昨季はイースタン・リーグの打点王(57)に輝いた。

    「ヤクルトでは5年間という短い間でしたが、球団の方、監督、コーチ、スタッフさん、ファンの皆さんのおかげで厳しいプロの世界でもやってこられました。感謝の気持ちでいっぱいです」と松本友。ユニホームを脱ぎ、バットをペンに持ち替えて夢を追う。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/a012142893c324bb4d3c861332c2457af4666266

    【ヤクルト戦力外の松本友、警察官採用試験へ「機動隊やSPになりたい」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    show_img
    https://column.sp.baseball.findfriends.jp/?pid=column_detail&id=015-20190812-02

    1: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 17:08:17.91 ID:68B3Njq1d
    .269 9本 37打点 OPS.732

    【ヤクルトに移籍した増田珠が残しそうな成績】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    ht



    1: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 13:28:49.63 ID:4akZ7qvJ0

    【ヤクルトスワローズ、オフの覇者へ】の続きを読む

    このページのトップヘ