ツバメ速報@ヤクルトスワローズまとめ

東京ヤクルトスワローズのまとめブログ なんJ なんG おんJ  5ch まとめ プロ野球 Tokyo Yakult Swallows

    【お知らせ】ヤクルトの雑談用掲示板できました 右のサイドバーの上部付近に設置しています 荒らし対策で回線事規制してるIPがあります。数日程度で解除致します

    宮本慎也

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6a94a06d
    1: 風吹けば名無し 2021/04/17(土) 13:48:27.08 ID:6FKcjZmK0
    普通に打ちすぎやろ

    9: 風吹けば名無し 2021/04/17(土) 13:51:15.56 ID:aBpvhYl3d
    大学→社会人野球→プロで2000本はヤバい

    【宮本慎也(通算2133安打通算打率.282)←守備の人扱いされている事実】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/03/22(月) 20:02:52.90 ID:xExUJ2b0p
    https://news.yahoo.co.jp/articles/599613032e4bc5dc6cb61b0e32f2798ba806f8a7
    開幕3戦目での起用には疑問は残る。5回1死二、三塁で左打者の森を迎えて降板。球数も77球で、森には調子の良かった第1打席でヒットを打たれている。首脳陣は、打ち込まれる前に降板させてやろうという意図があったのかもしれない。

    自信をつけた時点で降板させるのは決して悪いことではない。それでも投げたイニングは4回1/3で、今試合が開幕前最後のオープン戦。プロ入り後、5回以上を投げたことがない高卒2年目の投手が、開幕ローテに入ったことはほとんどない。
    もちろん中継ぎとして登板させるのも反対だし、5回以上投げていない投手を開幕ローテに入れることも疑問が残る。ここまで大事すぎるぐらい慎重に育成しているなら、まずは2軍戦で7回ぐらい投げられるようになってから、1軍で先発させるべきだと思う。

    これだけ特別扱いすれば、正当な競争ではなくなり不満に思う選手も出てくるのではないか。何より、奥川のためにもならない。将来のエースを目指すなら、技術に加え、精神的な部分でもみんなの手本になるような選手に育ててほしい。(日刊スポーツ評論家)

    【宮本「奥川はせめて2軍で7回位投げれるようになってから1軍で先発させるべき。特別扱いはよくない」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    6a94a06d
    1: 名無しさん@おーぷん 21/03/17(水)00:17:11 ID:9W0
    打率.300前後は残せる
    長打四球三振拒否打法
    守備無難

    評価がかなり割れそうな選手

    5: 名無しさん@おーぷん 21/03/17(水)00:21:27 ID:9W0
    得点圏打率
    いいときもあれば悪いときもある

    【サード時代の宮本慎也wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2021/02/24(水) 06:28:13.24 ID:cpLBFgui0
    https://news.yahoo.co.jp/articles/cd5c056b45a759f754da0680aef5fd55ab8a621f

    投げていくことで肩肘が張り、思うような投げ込みができないのならスタミナ作りや筋力を増やさなければいけない。投げ方が悪くて体に負担がかかるなら、フォームを修正するしかない。投げていくことで自分に足りないものも分かってくる。周囲の人間も「過保護」と「大事に育てる」が違うことを理解しなければいけない。これから2年目、3年目になると、同世代の選手が頭角を現してくる。奥川も負けないように、大きな1歩を踏み出せるシーズンにしてもらいたい。(日刊スポーツ評論家

    25: 風吹けば名無し 2021/02/24(水) 06:34:28.21 ID:FZc+SyhD0
    春先やしこんなもんやろ

    【元ヤクルト宮本氏が奥川を語る】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 10:13:07.84 ID:jU1zzD3s0
    2: 風吹けば名無し 2020/06/18(木) 10:13:32.91 ID:YWX+InqDr
    なにわろてんねん

    【元ヤクルト宮本慎也氏、ヤクルトを最下位予想】の続きを読む

    このページのトップヘ