ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    左サイドバーの一番上でアンケートやってます!投票よろしく!

    長嶋一茂

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/07/09(日) 08:29:49.83 ID:CAP_USER9
    8日に放送された日本テレビ系バラエティー番組「嵐にしやがれ」(土曜・後9時)に、元プロ野球選手で野球評論家、タレントの長嶋一茂(51)が、俳優の石原良純(55)とともに「ボンボン記念館」の企画で出演。
    著名人を父に持つ2世の異色の生い立ちをたどった。
    その中で、立教大を経てプロ入りする際の、父である長嶋茂雄・巨人軍終身名誉監督(81)との意外なエピソードを告白した。

    1987年ドラフトでヤクルトと大洋(現DeNA)の2球団が1位指名で競合、抽選でヤクルトが交渉権を得て、ヤクルトに入団した一茂。
    しかし、もともとは指名した2球団のほかに、広島からも指名の打診があったのだという。
    「オヤジは広島をすすめていたんですよ。育成がしっかりしてるからって。(入団するなら)広島がいいって」と、父から意外なアドバイスがあったことを明かした。

    しかし、当時は広島を舞台にしたヤクザ映画「仁義なき戦い」が大人気。
    「菅原文太さんの『仁義なき戦い』をやってて、広島って街じゅうがこうだ(映画の世界のように抗争がある)と思って…。それで断ったんですよ」と一茂。
    映画「仁義なき戦い」に“ビビって”、広島からの指名の話を断ったのだと語った。

    一茂はその後、入団したヤクルトから、父が監督をつとめる巨人に移籍、同じ巨人軍のユニホームを着て戦い、96年に現役を引退した。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13311091/

    5

    25: 名無しさん@恐縮です 2017/07/09(日) 08:44:12.00 ID:GuRHp1y10
    でもプロになれただけすごい才能。まあそれだけ。

    【長嶋一茂、父が薦めた広島のドラフト指名をひそかに断っていた…】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/05/16(火) 10:33:40.76 ID:CAP_USER9
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170516-00000041-sph-ent
    スポーツ報知 5/16(火) 10:28配信

     15日に放送された日本テレビ系トーク・バラエティ「しゃべくり007 2時間SP」(月曜・後9時)が平均視聴率14・1%の好数字を記録したことが16日分かった。

     今回、元プロ野球選手でタレントの長嶋一茂(51)がゲスト出演。1987年のドラフト1位でヤクルトに入団、巨人移籍を経て、96年で引退したが、プロ入り当初のプランとして「
    最低500本ホームランを打って、50歳くらいまで(現役を)やって、その後10年くらい監督やる予定だった」と語った。いつ挫折したんですか?の問いかけには「プロに入ってすぐかな」と答える様子などが放送された。

     また、父親の長嶋茂雄氏に教わったこととして、「オヤジのアドバイスは『一茂、バァーンと振れ』これだけだった。何の理論、理屈もない。唯一理解したのが松井秀喜です。松井秀喜がオヤジの唯一の理解者だと思うよ」とあけすけに語っていた。(数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ)。

    tu

    15: 名無しさん@恐縮です 2017/05/16(火) 10:44:07.31 ID:OF3khT9b0
    野球はバットをバァーンと振ればいいんだよ。

    【長嶋一茂がプロ入り直後の挫折語った】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/02/10(金) 09:30:29.17 ID:IPZ9KDci0
    ソースはモーニングショー
    bbl1212270741000-p1

    3: 風吹けば名無し 2017/02/10(金) 09:30:58.19 ID:jyq4Iz7a0
    せやな

    110: 風吹けば名無し 2017/02/10(金) 10:05:56.19 ID:8JVt6kst0
    9月新学期化による国際競争力の増強も見込めるしな
    端的な理由で真理を突くあたりほんま賢いで

    【一茂「冬は雪が降るからセンター試験は夏にすればいい」】の続きを読む

      このページのトップヘ