ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

東京ヤクルトスワローズのまとめブログ なんJ なんG おんJ  5ch まとめサイト

    石山泰稚

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    485

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/31(木)21:15:13 ID:tjD
    天正四四六年 皐月 参壱日

    結城郡より本願寺を取り戻し、宴を行う一行。酒の火照りを冷ますべく、雨の上がった青山占領地を歩く将小川は、戸田からの報を受け取る。
    曰く、次の先鋒として薙刀使い山中を。将小川の眉間に、皺がまた一つ増える。
    如何にしたものだろうか。結城軍といえば、伝説の薙刀使い、渡辺が属していたではないか。噂によると、明日の先鋒もまた、この渡辺であるという。
    なれば決めようぞ。老兵は去るのみ。山中にて、引導を渡そうぞ。将小川に、酒精はもはや残っていなかった。

    翌夕のことである。結城軍先発は渡辺――渡邉である!! 将の知識にはない、新兵である!
    これに慌てた薙刀使いだったが、第二戦線までを何とか掃除。然し一行もまた新兵渡邉を攻めあぐね、山中に援護を送れない。
    すると第三戦線、荻野、藤岡両突撃隊による好機を演じた結城軍は花の中村に囮作戦を指示! 本願寺に火の手が上がるが、その後を薙刀使いは必死に抑え続けた。
    第五戦線までを最小被害で防ぎきった薙刀使い。応えねばなるまい。
    感銘を受けた神の子大引が一行初となる直撃弾を放つと、扇の要中村を用いた生贄の儀を行う。しかし直後、山賊畠山、十八番山田が諸共倒れてしまう。
    今宵も先鋒に手柄は与えられぬ。然し薙刀使いは、一行にがまだせと声援を送り続けるではないか!

    これに涙を流したのは辛子亭店主である。これ以上火の手を上げるわけには行かぬ。店主は常の風評を焼き払い、激辛定食にて一行を鼓舞! これが奏功であった!
    伴天連思想青木が痛烈な銃撃を放つと、続く武士坂口が新兵を袈裟斬り! 崩れ落ちた渡邉に代わりかつての同胞によく似た名を持つ田中が結城軍先頭に立つ。
    暴れん坊馬連手院こそ騙されて帰途に付くも、剛力羅の第六感は誤魔化せぬ! 樹海のお友達高井が猛然と第一陣に突っ込むと、続く歌術使い西浦の圧倒的歌唱術により田中が混乱! 青木の本陣突入を許してしまう!
    未だ混乱の冷めぬ田中に対し、神の子大引が強烈説法! 魚は陸では泳げぬなどと捲し立てると、田中はいよいよ崩れ落ちてしまった。

    結城軍も負けてはいない。しかし第七戦線を小僧中尾が斬り伏せれば、第八戦線は猛牛近藤が猛烈怒涛の体当たり! 一名ずつを討ち漏らすも、戦線逃亡に追撃はしまい。彼らは誇り高き僧兵と丑であった。
    その近藤と同胞である武士坂口は燃えていた。昨夜は手柄を挙げられなかった。今宵は大暴れである! 新兵渡邉に続き、伴天連 紫衣羽亜寿にも痛烈一閃!
    続き剛力羅の突撃に喜んだ民衆は甲賀の忍を称える雅楽を演奏! 神の子大引はここに甲賀の忍はいないと観衆に説法を送るべく、第一陣へ進入! 慌てた民衆は夏の訪れを喜ぶ能に切り替えた。
    その背後では優しき剛力羅の玉遊びに喜んだ少年が、傘で鞠をつついている。 
    純心の少年が呑気に遊んでいる、この風景を護らねばなるまい。和尚が立ち上がる。
    青山占領地を護るため、まずは覇軍、結城軍から討ち滅ぼそうぞ。石山本願寺、勝利まで残るは首三つである。

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    778

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/30(水)22:00:13 ID:AaA
    天正四四六年 皐月 参十日

    嫌な雨である。伴天連破風は、五右衛門城と化したかつての本願寺を見上げ、憂鬱色の息を吐いた。
    破風は雨男だ。自らの先鋒が約束された日に天が嘆くのは、もはやこれで三度目となる。だが、此度は、此度こそは結城軍には逃げも隠れもさせまい。伴天連の双眸には、強き覚悟が滲んでいた。

    二度目となる覇、結城軍との争いは、涙に暮れる青山占領地にて始まった。否、始まらなかった。定刻になれども、合戦開始の号砲が鳴らぬ。一行のみならず結城軍、そして押し寄せた群集共も皆待ち草臥れていた。
    されども黒き群集は、今日も千依葉安六手の音頭を止める事はない。一行に恐怖が走る。
    定刻より間もなく半刻が経とうとする頃、遂に法螺笛が響く。合戦の開始である!

    第零戦線、遯∝ヲゅ→縺励※險ェ繧後k縺ッ陌壽焚縺ョ謌ヲ蝣エ?√??荳?陦後?蜊大乾縺ェ邨仙沁霆阪?謾サ謦?↓豁ッ蝎帙∩縺吶k縲
    然し破風は結城軍の幽紋攻撃にびくともせず、第三戦線までを軽く片付ける。すると一行は第二戦線、暴れん坊馬連手院が痛烈な体当たりを仕掛けると、歌術使い西浦が敵間を縫う精密射撃!
    続き神の子大引が雨にまつわる説法を披露すると、結城軍先鋒有吉は動揺! たまらず馬連手院の本陣突入を許してしまう。
    一行は第三戦線にも有吉の間隙を縫い馬連手院、山賊畠山が突入したものの、西浦が倒れ追撃とはならなかった。

    すると第四戦線、角中騎馬隊、伴天連 土民解須が相次いで突撃! 信号手清田が探照灯を投射している最中に角中が本陣に突入! 戦場は混沌に堕ちた。
    第五戦線、両軍ともに大好機を演じるも、両軍先鋒が首の皮一枚、本陣突入を阻止! 第六戦線も大引の中村生贄の儀、切り札荒木の狂言などにより好機を作るが、武士坂口が斃れ追撃ならず。
    伴天連の瞳には今宵の雫がぶれて見えた……。

    第七戦線、小僧中尾が結城軍を捻じ伏せた直後である。結城軍先頭の一刀流大谷に、馬連手院が突如砲撃! これが結城軍本陣を直撃! 
    続き西浦が拡声器を構え歌いだした! これには五右衛門城もまさかの着火! 次いで扇の要中村の長距離射撃、優しき剛力羅のローリングアタック! 一刀流大谷の刀を圧し折った!
    またしても小僧に大手柄が与えられるか。第八戦線、猛牛近藤が結城軍に立ちはだかる。角中こそ逃したものの、残り三人を突進にて吹き飛ばす!

    第九戦線、怒れる和尚が立ち上がる。本願寺を返してもらおうか。
    五右衛門城と化した本願寺を前に、和尚に立ち向かうは結城軍。その首、残らず刎ねようぞ。勝利まで残るは、首三つである。

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    uu

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/27(日)21:01:41 ID:dIC
    天正四四六年 皐月 弐七日

    来安小川。かつて邪教徒小川が呼ばれていた渾名である。
    彼が未だ小僧であった頃、その得意稀なる立居振舞と絶対的な戦場支配能力を見出した将小川は、彼を番頭に任命。『番頭小川が一度戦場に来たれば、安堵の息をつけるであろう』。それが彼の渾名の原点である。
    しかし、彼は戸田の封を行われるほどに邪教に染まった。今こそその汚名を晴らす時ではないか。将小川は決断する。
    今宵の先鋒は、来安小川であると。

    三度行なわれる青山占領地での北条戦。相手先鋒は徳川軍からの賜物であるという、平良である。
    小川は第一戦線、大砲筒香の予想外な短距離砲撃を防げず寺の一部を炎上させてしまう。然し第三戦線、扇の要中村の砲撃が北条軍本陣を直撃! 此度の戦において、初の砲撃成功である!
    続く第四戦線、歌術使い西浦が平良の鼓膜を破壊、その呪いで太古の戦士戸柱の戦意を奪い去る。直後三の忍の瞬身の術により、西浦が本陣を突破! 尚調子に乗り姿を現した藤井は平良によって射殺された。

    第五戦線、戦況が動く。小川の銃撃が乱れ始めると見るや否や、日の本の誇り前田、韋駄天梶谷、伴天連曽都の三連撃! 続き炉兵洲が梶谷を本陣に突入させる。
    番頭小川の首はこれで取れただろう。せせら笑う平良に一行は急襲! 中村が第一陣へと進撃の後、そこら辺を歩いていた一般人男性と為り替わる。直後十八番山田、伴天連思想青木の長短距離連射。ここで敵将羅魅礼須が慌て、武士坂口との戦いを放棄。
    嗚呼、皐月十弐日。それを早くも忘れたか。坂口が豪快に笑う。直後武士の記憶をなぞるかの様に、暴れん坊馬連手院が突撃! あまりの力に、平良は真っ平らとなる始末であった。

    第六戦線、一行は負傷した番頭に代わり太鼓持ち秋吉を繰り出す。攻撃陣も、西浦が身代わりの術を使用していた藤井と中村の力を受取り第三陣まで駆け抜ける。藤井の活躍に甲賀の忍を讃える雅楽が鳴り響いたが、切り札荒木が倒れ追撃とはならず。
    続く第七、第八戦線も猛牛近藤が北条軍を弾き飛ばした。直後第七戦線にて、十八番山田の豪快な砲撃が韋駄天の頭上を越え北条軍本陣に着弾! 暴れん坊馬連手院も突撃するが、走り屋田代が戸柱に串刺しにされた事を知り、進撃を断念した。

    第九戦線。和尚が立ち上がる。二夜連続、結構なことだ! 休息は充分、なればいざ行かん。
    石山本願寺、勝利まで残り首三つである。

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    7

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/26(土)21:02:35 ID:8KN
    天正四四六年 皐月 弐六日

    和尚不在。その日程は最早十を数える。当然敗路を直走りにしているならば、和尚が出る幕は無いだろう。
    然し、余りに不自然である。余りに長過ぎる。刀の腕も鈍ろうというもの。これは何かがあったに、違いないであろう。
    故に語り手は青山占領地に走る。その雄姿をこの目に焼き付けん。日も僅かにその位置を下げようとしたその時、北条軍の先鋒が名乗りを上げる。
    益荒男濱口である! 対する一行、先鋒に益荒男佐藤! 奇しくも前回戦と同じ先鋒戦だ。両先鋒が共に沈んだ前回、共に雪辱を誓う今回。雄叫びと共に、合戦が始まった!

    第一戦線、伴天連曽都の銃撃が第一陣を直撃! 跳弾が山賊を襲うも、普段から鋼球を弾く事に慣れた畠山にとってそれは恐るるに足らず。簡単に捌き、早々に戦線を突破。黒子敷田の本願寺を称える舞まで飛び出した。
    然し第二戦線、宮崎熊の鮭狩り絶閃が佐藤を襲う! 深手を負った佐藤に対し、仔犬柴田が第一陣へと到達。直後高城が誤射するも、歌術使い西浦が謀反! 生類憐れみの令を発令した! 然し佐藤は動じず、日の本の誇り前田を斬って取る。
    対する一行は益荒男濱口の呪術の餌食となる! 第一、第二戦線ともに濱口を窮地に追い込むものの、伴天連思想青木、神の子大引が放つ弾丸が歪む! この珍妙な呪術に怒ったのが十八番山田! 文句なしの爆撃を放てば呪術も効くまいと、戦況を均衡に戻す一発をぶち込んだ!
    直後北条軍も進撃! 生類憐れみの令にて柴田が第一陣を獲得すると、高城は守備陣形の間隙を縫い犬を第三陣まで走らせた。然し益荒男佐藤は動じない! 前田を屠れば良いのだろうと叫び、見事戦船を沈没せしめた!

    第五、第六戦線は佐藤が難なく制圧。両先鋒が雪辱を果たした結果となった。

    第七戦線、小僧中尾が北条軍の進撃を留めると、その直後であった! 北条軍が岩戸を開き浜照大三上を将来。しかし祝詞など分からぬ歌術使い西浦が歌うと、神の子大引が犠牲の尊さを説く。扇の要中村が続き、優しき剛力羅が三上に体当たり! 三上をばななの山に叩き込んだ!
    一行の攻撃は終わらない! 青木が弾丸の雨を避けると、北条軍は少年兵砂田を突撃させる! 然し容赦の無い武士坂口、砂城を斬り上げ、そのまま少年兵を一刀両断! 本陣の苦労人井野は、その光景に諸手を挙げて喜んでいた。

    第八戦線、猛牛近藤が伴天連曽都、炉兵洲、大砲筒香を突撃にて屠る。そして訪れた第九戦線。語り手の目には、神隠しと噂された和尚の姿があった!
    和尚が第九戦線、遂に戦陣に躍り出る! 石山本願寺、勝利まで遂に首三つである!!

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    hi

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/15(火)20:58:19 ID:Y0z
    天正四四六年 皐月 十五日

    まさに泥をかぶった形となろう。
    遂に戸田の封を解き、邪教徒小川を先鋒においた北条軍との戦いは、小川が封印されていた怒りで暴れまわり、攻撃陣の奮闘もむなしく敗れ去った。
    この体たらくに九州男児であった伴天連思想青木が激怒。荷物を纏め、さっさと帰路についてしまったのである。困ったのは一行。彼の力は必要不可欠だ。
    彼の故郷、日向。怒る青木を何とか宥め、再び仲間として迎え入れたその瞬間、和尚の耳に急報響く。
    『薩摩より徳川軍来たる。先鋒は横綱山口』
    余りにも慌ただしい報せだった。急ぎ和尚は将小川に進言。この争いを逃がすわけには行かぬ。
    かくして一行は急ぎ薩摩に集結。徳川兎軍との戦闘を開始したのである。

    一行先鋒は伴天連破風。類稀なる命中力を誇る銃士である。未だ手柄がない男に、押し寄せた薩摩男子が「つばめ一揆」の幟を掲げ鼓舞する。徳川の名が知れ渡る薩摩、一行にとってその幟は何よりも誇らしかった。
    破風には日の本の言の葉がわからない。だがなぜか、その文字に込められている想いはわかる。男は静かに闘志を燃やす。
    第一戦線を一瞬で片付けると、続く第二戦線は徳川軍に肉薄されるも、小僧古賀と息の合った掛け合いにて下がらせる。その直後、破風の奮闘に心を打たれた優しき剛力羅が道を切り開くと、十八番山田が一撃を放つ。
    破風に今日こそ勝利の美酒を。一行は音頭を取り、燕陣を組んだ。

    然し第四戦線、徳川の秘蔵っ子岡本の急襲! 破風が爆風に巻き込まれ、手傷を負う。然しその程度の傷はなんのその。そのまま第七戦線まで突っ走るも、一行も横綱山口に決定打を与えられない。
    膠着状態――。焦りが将小川を蝕む。樹海のお友達高井は然し気にせず進軍、三つ目の手柄を上げ雄叫びを上げた。
    十八番山田が刀を折られながらも血路を開くと、民衆は甲賀の忍を称える雅楽を演奏。しかし小僧西浦は民衆に答えられず。横綱に手傷を負わされ、膝をついてしまう。

    第八戦線。伴天連破風は小僧古賀との巧みな連携にて孤軍奮闘を続ける。放った弾は既に百を超え、銃身も熱を帯びてくる始末だ。だが破風は諦めない。徳川軍を尽く撃ち抜き、味方の援護を待ち続ける。
    応えたのは伴天連思想青木! 怒れる九州男児だが、伴天連の奮闘に心を打たれた。均衡を破るその一発は、遂に横綱山口に致命的な一撃を与える。然し一行は喜ばない。裏切り者が、何を。
    ――否! それは照れ隠しである。一瞬の後に青木の周りに一行が集う。伴天連方式の祝の儀、『静寂待遇』だった。

    一行の歓びに応えねばならぬ。和尚はその腰を上げた。
    石山本願寺、勝利目前だ。残るはたった、首三つ。

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

    このページのトップヘ