ツバメ速報

セリーグプロ野球球団東京ヤクルトスワローズのなんjの5chまとめブログ

    右サイドバーの一番上に「ページの一番下へ移動」できる文字を追加しました。 コメントが多い実況記事でお使いください。(パソコンの方へ)

    石山泰稚

    no title
    1: 名無しさん@おーぷん 19/08/29(木)21:10:54 ID:Poi
    天正四四七年 葉月弐拾玖日

    最早戦は終わりである。主を失った本願寺一行はあれよあれよという間、復帰不可能というほどまで落ちぶれる始末。此の現状を憂いた守護陣は、早々に戦線を離脱し療養に走る。
    猛牛近藤にまたがり雨使い破風が放浪に出たかと思えば、鳶職高梨は先鋒の座を追放される始末。金剛原は戸田の封を為されたまま帰らず、呂決斗五十嵐は突如打ち上げられた。
    かと思えば歌術使い西浦は未だ喉の調子が治らず、中山筋児君や武士坂口は行方不明である。最早這々の体という言葉さえ生温い、正に死に体であった。
    それでも戦は続くのだ。将・羅魅礼須の率いる北条軍が襲い来る。差を開かされたとは言えど、天下統一まで手が届く位置につけている北条軍は、必ずや一行を殲滅にかかるだろう。

    第一戦線、勢いのまま北条軍は諦めず立ち上がった来安小川を包囲。嗚呼またか、と民衆が悲嘆に暮れる中、来安は一蹴、大洋の申し子戸柱を斬り伏せる。
    続く第二戦線も第三陣を攻められた来安だが、此れを退けると遂に着火。最早一人きりでも守護してみせようと第五戦線迄を駆け抜けた。

    すると第四戦線、地底人井納の異能が自軍の猟犬を惑わせる! すかさず此の場面で三散華山田が第二陣まで駆け抜けると、優しき剛力羅が大きく腕を振り回し、入鋏にて井納をぶっ飛ばす!!
    更には第六戦線、またしても同じ手段で第二陣を奪われた井納に対し、蝶々が飛来した隙に暴れん坊馬連手院が渾身の一撃! 此れならば問題はないと剛力羅、樽大砲にて井納を撃ち出し終いとする。
    だが此れに油断をしたのは蹴威太田。囮作戦にまんまと引っかかった太田は射殺、巻き込まれた来安は溜まったものではない、早々に退散である。
    あまりにもあんまりな展開に、伴天連思想青木もを突かれ決定機を逃してしまうのだった。
    すると此の間隙を逃さぬ北条軍、平井坂本両守護者を絨毯爆撃に至る。これにて戦況は覆った。

    ――其の刹那であった。或れに見えるは何者ぞ。あの右腕から走る光は何と見る。目を見開くは本願寺一行。まさか或れは、否、然し。
    此の局面に至って救いなど在るものか。北条軍の誰かが呟く。然し其れを人は救いと呼ぶのだ。
    和尚が居る。煉獄の焔に焦がされた肌が、其の存在を伝える。故に、其の者は挑むのだ。極楽浄土へと導かん。

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

    180206003
    1: 風吹けば名無し 2019/08/29(木) 16:13:08.01 ID:zALHKL1Z0
    8/29(木)のセ・リーグ公示
    【出場選手登録】
    石山泰稚(S)
    田中貴也(G)
    井納翔一(DB)
    【出場選手登録抹消】
    星知弥(S)
    澤村拓一(G)
    進藤拓也(DB)
    #NPB

    11: 風吹けば名無し 2019/08/29(木) 16:15:18.71 ID:UIZJFA5ZdNIKU
    石山インフルエンザやっと治ったか!

    【【公示】ヤクルト石山が登録、星が抹消】の続きを読む

    180206003
    1: 風吹けば名無し 2019/07/10(水) 16:18:20.51 ID:lmpHEfoKM
    【マイナビオールスターゲーム2019 出場選手変更】
    【出場辞退】石山 泰稚(東京ヤクルト)※インフルエンザB型罹患のため
    【補充選手】S.マクガフ(東京ヤクルト)(選抜回数:1回)
    http://npb.jp/allstar/2019/roster.html

    12: 風吹けば名無し 2019/07/10(水) 16:19:34.54 ID:2tyzr+7pd
    そして酷使されるマクガフ

    【ヤクルト石山インフルエンザでオールスター欠場、代役はマクガフ】の続きを読む

    ed24d83d-s
    332: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 18:38:07.02 ID:drdsddLc0
    【ヤクルト】守護神の石山がインフルエンザで出場選手登録抹消
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190705-00000134-sph-base

    333: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 18:38:32.66 ID:6Pu7vIkb0
    >>332
    夏インフルって珍しいな

    【ヤクルト石山、抹消の理由はインフルエンザだった】の続きを読む

    no title
    1: 名無しさん@おーぷん 19/07/03(水)20:51:32 ID:VqZ
    天正四四七年 文月参日

    大凡二ヶ月ぶりとなろうかという初戦の勝利である。こうなっては適切不適切など関係あるまいと毛利城下にて宴を繰り広げる一行である。
    然し、此れで毛利軍が降伏するなど有り得ぬ。ともすれば先鋒を選出せねばならぬ。……しかし、適任は居ない。適任どころか、先鋒そのものが居ない状況だ。果たして如何様にしたものか。
    しゃがれた声。待たせたな。将が想いを馳せる最中、宴にひっそり混ざり込んでいたのは流離う隼、寺原の姿であった。戸田の封を解かれたのだ。
    なればと将、先鋒を任せる。毛利との第二戦、決して楽には行かぬだろう。だが勝たねばならぬ。それこそが恩返しなのだから。

    翌夕、未だ日の影が落ちぬ頃に敵先鋒現る。見ぬ伴天連だ。朗恋主という其の伴天連相手に、然し一行は物怖じしなかった。早速三散華山田が袈裟斬りにすると、伴天連思想青木が第一陣へ進出。
    すると此処で出たる水軍指揮村上、最早見切ったとばかり精密射撃にて戦場の主導権を獲得。然し後が続かぬ。このままでは隼討ち取られ終わるのみ。焦りが一行を支配する。
    然し其のようなことは無駄だと、似蛭に寺原は笑う。弱点を自ら晒すように、そして飛び込んできた哀れな餌を喰らい尽くすが如く。背水の陣、併殺の陣を駆使し第四戦線迄を無傷で切り抜ける。

    此れに奮起したのは第五戦線に進出していた攻撃陣。寺原を救え。先ず扇の要中村が挑むと、白き翼廣岡が囮作戦紛いにて好機を演ず。
    此の有様に恐怖したのが朗恋主。助けてくれと叫びながら銃を乱射するも、其の全てが掠りもせぬのだ。ついと進んだ村上、朗々と語る。
    掃射。掛け声とともに粉砕! 圧倒的な攻撃は隼にも流れ弾を及ぼすが、ご愛嬌さと寺原は苦笑するのであった。
    流れ弾にて第五戦線で退いた寺原の後を継ぐは猛牛近藤、並びに雨使い破風、幕賀府の守護陣連中である。寺原に手柄を。此の思いは誰もが思うものであった。

    第九戦線、皆が繋いだ此の戦地に立つは和尚。水軍指揮村上や流離う隼寺原の献身もさることながら、此の戦は全員の力による優勢である。
    故に此の戦を確実なる勝ち戦へと変えるため、和尚は挑む。石山本願寺、勝利まで残るは首三つである。

    2: 名無しさん@おーぷん 19/07/03(水)20:52:16 ID:0uI
    和尚!よろしくお願いします!

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

      このページのトップヘ