ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    左サイドバーの一番上でアンケートやってます!投票よろしく!

    石井一久

    1: 風吹けば名無し 2017/03/28(火) 08:06:22.41 ID:CAP_USER9
    26日放送の「行列のできる法律相談所」(日本テレビ系)で、元ヤクルトスワローズの石井一久氏が、故意死球を投げたとされる疑惑について反論した。

    この日は、スタジオに元阪神タイガース・赤星憲広氏が登場。
    赤星氏が、「今だに根に持っている」として2007年シーズンのヤクルト戦で、石井氏からデッドボールを受けた出来事を明かした。

    赤星氏いわく、故意死球を予見することがあったようで「投げる瞬間に目が合うんです」と投げる直前の石井氏の様子を語る。
    結果は予想通り、腰にボールが当たり腰椎骨折の上に2週間の欠場を余儀なくされた。

    しかも石井氏からの謝罪はなかった上に、後日、すれ違っても完全に無視を決め込む態度に出ていたそうだ。
    赤星としては「普通に考えれば、すまんかったなって言うのかな」と石井氏の態度に不満気であった。

    これに対して石井氏が真意を語るためにVTRに登場。
    死球後に謝罪がなかったという赤星氏の不満については、「自分は悪くなくても謝るタイプ」だと語った。
    たしかに当時の映像で石井氏は帽子をとっているが、痛みにうずくまる赤星氏が見ていなかったようだ。
    そんな石井氏は、意図的な死球だったのか問われて「狙ってない」と明確に否定。
    続けて「僕の野球人生、一度も狙って当てることはなかった」と断言したのだ。

    さらに石井氏は、もしも赤星氏がホームランを打った場合、自分に謝罪するわけではないと仮定した上で
    「僕はデッドボールで謝る。赤星君はホームラン打って喜ぶ」「(謝るって)おかしくないですか?」と独特な見解をみせる。

    とは言うものの、最後には画面越しに「今度球場で会ったとき、直接ちゃんと謝りたい。すみませんでした」と謝罪して締めくくっていた石井氏。
    スタジオでは赤星氏が「ホームランとデッドボールはぜんぜん違う」とツッコミを入れていた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/12854326/
    2017年3月27日 18時5分 トピックニュース

    no title

    no title

    【石井一久氏 赤星憲広氏への故意死球疑惑を否定「狙って当てたことはない」】の続きを読む

      このページのトップヘ