ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    真中満

    fc2blog_20150403070131e1a

    1: 風吹けば名無し 2017/09/22(金) 10:17:11.10 ID:HKfDnvxga

    3: 風吹けば名無し 2017/09/22(金) 10:17:52.55 ID:HKfDnvxga
    退任を決めたのは7月上旬、
    ちょうど14連敗の真っ只中のこと


    8月22日の試合前、僕は今季限りでヤクルトの監督を退任することをマスコミ各社に発表しました。
    開幕当初から下位を低迷し、最下位も決定してしまった以上、監督として責任を取るのは当然のことでした。
    今シーズンも、あと数試合を残していますが、今だからこそ語れる退任を決めた理由をなるべく正直にお話ししたいと思います。
    苦境にあえぐチームの監督が、どんなことを考えていたのか。現状を打破するために、どんな取り組みをしようとしていたのか? 
    少しでも何かの参考になれば幸いです。

    ~中略~

    7: 風吹けば名無し 2017/09/22(金) 10:18:59.57 ID:HKfDnvxga
    退任を決意した最大の理由は、
    「小川泰弘のクローザー転向」失敗


    退任を決意した決定的な理由は、「ライアン」こと、小川泰弘のクローザー転向でした。
    先発ローテーションの一角でもあった小川は、今季途中に背中の張りを訴え、一時期、戦線離脱しました。そして、6月末にようやく復調の兆しが見え、一軍に復帰する際に、僕は小川にクローザー転向を指示しました。
    この時点ですでにチームは低迷状態にあり、イヤな流れを変えるための「現状打破の起爆剤」として、大きな賭けに出たのです。
    それは、大げさではなく、監督生命を賭けたものでした。

    50: 風吹けば名無し 2017/09/22(金) 10:25:28.15 ID:0FoxUMCZ0
    言うて目に見えて分かる無能ポイントって>>7ぐらいでそれ以外は非を押し付けるのも可哀想やな

    【真中満監督が本音で語る「僕が退任を決めた理由」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/09/13(水) 17:02:32.91 ID:Dc5oge340
    練習前、野球観戦で飲むビールの話題になったヤクルト・真中監督は「来年はプライベートでスタンドでビールを飲んでみたいなあ。でも、(カメラで)抜かれたら嫌だな」。きっとみんな狙いますよ。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170913-00000076-spnannex-base

    jo

    7: 名無しさん 2017/09/13(水) 17:04:31.03 ID:nBKhrn4ga
    ポンタそのものやんけ!

    【真中「スタンドでビールを飲んでみたいなあ」】の続きを読む

    1: 名無しさん 2017/09/10(日) 20:46:01.93 ID:PJJaGiEA0
    打線がマイコラスを打ちあぐね、降板後の8回に1点を返すのがやっとだった。

     真中監督は「いい投手ですが、何とかしないといけない」と話した。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170910-00000153-spnannex-base

    b

    12: 名無しさん 2017/09/10(日) 20:47:24.28 ID:a9riOE0P0
    そこに気付くとは名将か

    【真中監督「対マイコラスをなんとかしないといけない」】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/09/04(月) 11:11:30.07 ID:CAP_USER9
     ヤクルト・衣笠剛球団社長兼オーナー代行は、今季限りで退任する真中監督の
    後任について「内部で話を進めて。結論が出るのは9月の半ばすぎ」と決定へのメドを語った。

     真中監督は8月22日に今季限りの退任を表明。有力候補には高津臣吾2軍監督
    挙がっており、同社長も球団OBからの登用を示唆している。

    スポニチ
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170904-00000070-spnannex-base

    i

    2: 名無しさん@恐縮です 2017/09/04(月) 11:13:48.87 ID:sNYWr2Zt0
    民進党の代表選挙と同じ雰囲気

    【ヤクルト、真中監督後任は9月半ばすぎ 球団社長が明言】の続きを読む

    EhCs5jW

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/31(木)00:37:56 ID:Ub0
    1 真中満 31安打 2007年
    2 三沢今朝治 26安打 1969年
    3 立浪和義 23安打 2007年
    3 桧山進次郎 23安打 2008年
    3 イチロー 23安打 2017年←new,継続中
    6 石川進 22安打 1962年
    6 宮川孝雄 22安打 1966年
    6 大田卓司 22安打 1978年
    6 永尾泰憲 22安打 1986年
    6 若松勉 22安打 1988年

    2: 名無しさん@おーぷん 2017/08/31(木)00:38:22 ID:xNl
    打数が知りたいンゴ

    【日本人代打安打数ランキングwww】の続きを読む

    j

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/28(月)10:56:57 ID:aLO
    ヤクルト 高津or池山
    ロッテ 平井or愛甲or諸積

    6: 名無しさん@おーぷん 2017/08/28(月)11:01:23 ID:eVx
    ロッテ真中 ヤクルト伊東

    【ヤクルト次期監督とロッテ次期監督を予想するスレ】の続きを読む


     3年契約最終年のヤクルト・真中満監督(46)が22日、今季限りでの辞任を表明した。就任1年目に14年ぶりのリーグ優勝に導き、今季はけが人続出で思うような戦力を与えられなかったことから、球団側は続投を要請したが辞意は固かった。また、新監督候補として、高津臣吾2軍監督(48)が最有力に挙がっていることが分かった。

    新監督については球団OBを軸にシーズン終了までに決定する見通しだが、球団内では現役時代にBC新潟で監督兼任投手を務め、新任の今季、貯金6でリーグ3位につける高津2軍監督の評価は高い。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170823-00000005-sph-base

    2

    15: 風吹けば名無し 2017/08/23(水) 01:00:09.71 ID:S8EAocya0
    ヤクルトも監督は基本生え抜きだな

    【【ヤクルト】高津2軍監督の昇格が最有力 辞任表明の真中監督「正直勝つ自信ない」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/08/22(火) 15:41:22.16 ID:eH520T9ka
    ヤクルト・真中満監督(46)の退任が決定し、選手たちはそれぞれ思いを口にした。
    山田は「僕はすごくやりやすかった。1年目のとき、2軍のときの監督でしたし、すごく最初からノビノビやらせてもらった。やりやすい環境を作っていただきましたし、キャンプのときも自主性を大事にしていました」と感謝の気持ちを口にした。
    自身は2015、16年と2年連続でトリプルスリー(1シーズン打率3割、30本塁打、30盗塁以上)を達成し、真中監督就任1年目だった15年にはチームを14年ぶりの優勝に導き、「真中監督のおかげです」と改めて謝意を口にした。

    2: 風吹けば名無し 2017/08/22(火) 15:41:40.07 ID:eH520T9ka
    今季から入団した大松は「もう一度チャンスを与えていただいたので、感謝しかありません」。
    真中監督の母校・日大の後輩で、背番号「31」を受け継ぐ山崎は「後輩ということで、背番号も(同じものを)いただいて、監督の前でいい結果、成績を残すことができなかったので申し訳ないです。そこは悔いが残ります」と語った。

    3: 風吹けば名無し 2017/08/22(火) 15:41:54.17 ID:PNOgvAnpp
    まあノビノビが似合ってるタイプよな

    4: 風吹けば名無し 2017/08/22(火) 15:42:08.66 ID:eH520T9ka
    正捕手として15年の優勝を経験した中村は
    監督が辞めることに関しては選手にも責任がある。(真中監督就任)1年目はああやって優勝できて、昨年は5位という経験ができて、いろいろな経験がこの3年間に濃縮されている。今後の野球人生の糧になる3シーズンです」と口にした。

    5: 風吹けば名無し 2017/08/22(火) 15:42:20.14 ID:eH520T9ka

    【ヤクルト・山田 真中監督の退任に「僕はすごくやりやすかった」】の続きを読む

      このページのトップヘ