ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    杉浦稔大

    1: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 15:18:59.58 0
    元「モーニング娘。」の紺野あさ美・元テレビ東京アナウンサー(30)が第1子女児を出産したことが15日、分かった。母子ともに健康。

    紺野さんは今年の元旦にヤクルトの杉浦稔大投手(24)と結婚した。

    杉浦は球団を通して「新しい家族が増えてより一層、プロ野球選手として、父としての自覚が芽生えました。
    しっかりと家族を支えていけるように、さらに精進をしていきたいと思います
    」とコメントを発表した。
    http://www.sponichi.co.jp/entertainment/news/2017/09/15/kiji/20170915s00041000206000c.html

    2: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 15:19:27.29 0
    女の子か
    おめでとう!

    29: 名無し募集中。。。@\(^o^)/ 2017/09/15(金) 15:38:50.37 0
    元気な女の子が産まれました
    https://ameblo.jp/asami-konno0507/entry-12310959596.html
    no title

    no title

    【元ヤクルト杉浦の妻、紺野あさ美出産 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/07/24(月) 19:31:28.74 ID:EYutsQEYp
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-01861028-nksports-base
    ヤクルトの杉浦稔大投手(25)と日本ハムの屋宜照悟投手(28)のトレードが成立したと24日、両球団から発表された。

    4: 風吹けば名無し 2017/07/24(月) 19:32:07.36 ID:EYutsQEYp
    杉浦はヤクルト球団を通じて「急な事で驚いています。約3年半でしたが、入団してからお世話になりっぱなしで、ヤクルト球団、ファンの皆さんには感謝の気持ちしかありません。
    北海道は出身地でもありますし、活躍することが皆さんにも恩返しになると思いますので頑張ります
    」とコメント。
    この日都内の球団事務所を訪れ、職員らにあいさつした。

    5: 風吹けば名無し 2017/07/24(月) 19:32:30.50 ID:EYutsQEYp
    北海道出身で国学院大から2014年にドラフト1位でヤクルト入団。
    4年間で6勝8敗、防御率4・95だった。今季は右肩故障で4月29日に1軍登録を抹消され、2軍での調整を続けていた。

    2

    【ヤクルト杉浦、日本ハムへ「急な事で驚いています」】の続きを読む


     ヤクルトの杉浦稔大投手(25)と日本ハムの屋宜照悟投手(28)のトレードが両球団で合意に達したことが23日、分かった。24日にも発表される。

     杉浦は北海道帯広市出身で球威ある直球が売りの右腕。国学院大から13年ドラフト1位で入団も昨季までの3年間で6勝に終わり、オフに背番号18を球団に返上した。元日に元「モーニング娘。」で同郷のテレビ東京アナウンサーの紺野あさ美(30)と結婚した今季は開幕当初から救援陣の一角を任されたものの、4月下旬に右肩の張りで2軍落ちし、現在もリハビリを続けている。日本ハムにとっては即戦力ではないが、コンディションが整えばローテーション入りも期待できる素材だ。既に退職した愛妻は10月に第1子となる長女を出産予定。夫婦の故郷でもある新天地で復活を目指す。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170724-00000087-spnannex-base
    75


    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 10:31:09.20 ID:OcbXyXPS0
    2014のドラ1やぞ
    放出早すぎひん?

    57: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/24(月) 10:44:10.46 ID:5Q3CNji8d
    嫁妊娠発表したばっかなのに大丈夫かよ

    【ヤクルト杉浦トレード 新天地北海道で復活を目指す】の続きを読む

      このページのトップヘ