ツバメ速報@ヤクルトスワローズまとめ

東京ヤクルトスワローズのまとめブログ なんJ なんG おんJ  5ch まとめ プロ野球 Tokyo Yakult Swallows

    【お知らせ】ヤクルトの雑談用掲示板できました!http://tsubamesoku.blog.jp/archives/1081324509.html

    岩瀬仁紀

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    jsd
    https://www.daily.co.jp/baseball/2022/10/27/0015758902.shtml

    1: それでも動く名無し 2022/10/28(金) 10:24:17.79 ID:4dxfGwB80

     本当はオリックスの9回は阿部を予想していた。そんな僕があっさり翻意したのは「先生」が教えてくれたからだ。その人は試合が始まる前にこう言った。「阿部は最後ではいかないと思うよ」。実際、登板は6回途中から4番手だった。僕だけでなく全国の“中嶋監督”が、あれこれ考えたであろうオリックスのクローザー問題。発端は第2戦(23日)にある。

     3点リードの9回を任されたのは阿部だった。シーズン終盤からCSの流れ通りの人選だったが、代打・内山壮にまさかの同点3ランを浴びる。そして26日の第4戦では、1点リードの9回は阿部に出番はなく、ワゲスパックが締めくくった。その試合では2番手・宇田川、3番手・山崎颯が勝利の立役者となったが、それぞれ32、35球と球数がかさんだためか、この日はベンチ登録から外れていた。

     一方、昨年のシリーズではクローザーが不安定だったのはヤクルトの方だった。第1戦でマクガフがこの日と同じく3失点で逆転サヨナラ負け。しかし、高津監督は第3戦から4連投で送り続け、1勝2敗2セーブながら最後まで「9回」を守り抜いた。

     短期決戦だとわかった上で聞いた。クローザーは固定すべきか、日替わりでいいのか。「先生」の答えは明快だった。

     「絶対がつくかどうかですよ。マクガフにはつくけど、阿部はつかない。押し出されてなった形でしょ? 調子のいい人を見極めて出す。しかし、あれだけ速い人がそろっていたら、後から行くのって嫌なんですよね」

     さすがは絶対を通り越して、唯一無二のクローザーだった岩瀬仁紀さんである。今季のオリックスは、実に8人もの投手がセーブを記録(日本ハムと並んで最多)した。ヤクルトは3人、中日も4人。つまり神宮に帰る第6戦以降も、ヤクルトはマクガフが締め、オリックスは日替わりとなるはずだ。

    2: それでも動く名無し 2022/10/28(金) 10:24:35.18 ID:4dxfGwB80

    3: それでも動く名無し 2022/10/28(金) 10:25:13.42 ID:rZ4DVkci0
    絶対大丈夫の精神

    【【ヤクルト】岩瀬「マクガフは絶対的クローザーだから短期決戦では固定すべき」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    85
    1: それでも動く名無し 2022/09/09(金) 16:31:26.96 ID:/rlKOMnfd0909
    今後抜かれることあるんかこの記録

    2: それでも動く名無し 2022/09/09(金) 16:31:54.69 ID:U2heRzlk00909
    岩瀬は1000登板の方がね

    【王貞治868本・イチロー7年連続首位打者・田中将大24勝0敗・岩瀬仁紀407セーブ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: それでも動く名無し 2022/08/13(土) 09:45:22.19 ID:csxQeE3Ma
    457

    https://news.yahoo.co.jp/articles/96937429388c2423509f7f3968219d27b5fc9844?page=2
    “名将”故・野村克也氏が最も信頼した“右腕”として知られ、阪神ではスカウト、ヤクルトでは、編成の責任者としてドラフトの指揮を執った松井優典氏は、こう分析した。

    現時点ではプロのドラフト候補には上がらないレベルでしょう。1回戦ではストレートのマックスが144キロだったが、この日は141キロ。
    お父さんと同じくスライダーを武器にする変化球投手だが、ストレートの球速が140キロ後半くらいまで伸びてこないと苦しい。

    時間はかかりそう。おそらくお父さんと同じく、今後は大学へと進むのでしょうが、その中でどれだけ成長するか。ただ大化けする可能性も感じさせた」

    「右左は違うがフォームも若干お父さんに似ていた。体型は、お父さんは181センチあったが、彼は168センチ。そこは母親譲りなのかな。
    比較するのも可哀そうだが、そのスライダーも似て非なるもの。お父さんのスライダーは、ストレートと同じ腕の振りで右打者に対して
    鋭角な角度でグサッと入ってきて視界から消える魔球だったが、彼のスライダーはまだひねって投げている段階だ。」

    【プロスカウト「名電・岩瀬は現時点ではドラフト候補にはならない。ただ大化けする可能性も」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: それでも動く名無し 2022/08/07(日) 21:32:47.09 ID:qVpR1owf0

    2: それでも動く名無し 2022/08/07(日) 21:33:21.18 ID:FXXJBbZN0
    思ったより岩瀬やな

    【岩瀬の息子を反転した結果wwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1ab3a406
    https://xn--j-69txf.com/%E9%98%AA%E7%A5%9E/n-443663.html

    1: それでも動く名無し 2022/08/06(土) 15:24:01.20 ID:EYbZLJ3Fa
    寂しいね

    8: それでも動く名無し 2022/08/06(土) 15:25:36.46 ID:d9wDf9820
    令和の怪物はあるやん

    【大魔神佐々木、火の玉藤川、死神岩瀬、最近こういうの無くなったな】の続きを読む

    このページのトップヘ