ツバメ速報

セリーグプロ野球球団東京ヤクルトスワローズのなんjの5chまとめブログ

    パソコンの右サイドにコメント欄へ移動するボタンができました。コメントが多い実況記事などでご利用してください!

    山田哲人

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6c40cb0b
    1: 名無しさん@おーぷん 20/07/05(日)23:14:09 ID:84L
    山田哲人 .232

    これで勝ってるヤクルトすごくね?

    3: 名無しさん@おーぷん 20/07/05(日)23:15:03 ID:84L
    山田復調したら打線に凄いのが来るわ

    【ワイ「ヤクルトが勝率5割!?山田がバカほど打ってるんやろなあ」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/07/03(金) 14:24:53.18 ID:zB51v8md0



    2: 風吹けば名無し 2020/07/03(金) 14:25:33.03 ID:uIY1nZvn0
    そうでもなかったね

    【ヤクルト山田、鬼のような形相で背番号1を睨む】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6c40cb0b
    1: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 15:20:15.40 ID:VKPxZlIJ0
    (19)CSのみでレギュラーシーズンの出場なし

    (20).250(44-11) 1本 1打点 四球5 0盗塁 0犠打

    (21) 281(334-94) 1本 21打点 四球36 8盗塁(10-8) 3犠打

    2: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 15:20:27.86 ID:yn2RKrKf0
    順調やな

    【山田哲人(21).281(334-94) 1本 21打点】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 09:53:36.51 ID:I+MQoMkfa
    ヤクルト山田哲人は移籍してしまうのか?

     高津臣吾新監督を迎えたヤクルトだが、最下位に終わった昨年同様に苦戦が予想されている。その中で注目を集めているのが、山田の動向だ。

    「メジャー挑戦を考えていた時期もあったようだが、現在は国内で結果を出したがっている」と球場内外で山田を見ているヤクルト球団関係者は語る。

    移籍の決めてはやはり『お金』になる。世間的には巨人、ソフトバンクが有利と言われるが実際どうなるのか……。

    「年俸予算が底無しにあるわけではないが、出す時は出すのがヤクルト。衰えも見え始めたウラディミール・バレンティン(ソフトバンクへ移籍)と契約せず、山田と推定5億円の契約を結んだ。選手を見極め投資する。お金の部分でも最初から白旗ではない」

    https://news.yahoo.co.jp/articles/05faa5a124aab356433d556e2e147ae6233b6d3f?page=2

    7: 風吹けば名無し 2020/07/02(木) 09:55:55.05 ID:xqJzmbHX0
    流石に残留やと思うけど

    【巨人も、メジャーもなし? 山田哲人に「ヤクルト残留」の線はないのか】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:31:53.89 ID:DwMpyztkd
    山田哲への提示は少なくても年俸6億円の5年以上。丸以上の最高条件で総額は35億円級になる見込みです。翌年の大瀬良は今季と来季の成績次第だが、年俸3億~4億円×4年で総額17億円級となるかもしれません」

    28日に大勝した巨人・原監督が狙うは…(C)共同通信社

     巨人は昨オフ、2人のFA補強に失敗したが、今度は負けられない。今オフには山田哲の他に、中日の開幕投手・大野雄大(31)も調査する可能性がある。
    https://news.yahoo.co.jp/articles/bfaee2ed5ca864b4bbb6450c5b5888508b02ba58?page=2

    53: 風吹けば名無し 2020/06/30(火) 09:44:50.80 ID:T9IJ3pbUM
    ゲンダイだろうなと思ったらゲンダイだった

    【【ゲンダイ】巨人「山田6年35億!大瀬良4年17億!大野雄大3年7億!」】の続きを読む

      このページのトップヘ