ツバメ速報

セリーグプロ野球球団東京ヤクルトスワローズのなんjの5chまとめブログ

    小川淳司

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20130221145906b1d
    1: 風吹けば名無し 2019/09/11(水) 11:24:06.98 ID:QZ/L6OAMa
    衣笠剛球団社長兼オーナー代行(70)は「(チームを)一番熟知している人。ぜひ協力してもらえればとは思っている」と、何らかの役職で残留を提案する考えを示している。

    2: 風吹けば名無し 2019/09/11(水) 11:24:17.34 ID:QZ/L6OAMa

    6: 風吹けば名無し 2019/09/11(水) 11:25:20.16 ID:eCPTFtdCa
    監督→SD→監督→SD
    どんだけ権力欲あるんや

    【ヤクルト・小川監督&宮本ヘッドが退任 球団は何らかの役職用意し残留提案へ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    180206003
    1: 風吹けば名無し 2019/09/10(火) 11:45:17.24 ID:DGNTE8XR0
    では何があったのか。伊勢氏は小川監督と宮本ヘッドの間に、微妙な温度差があることを感じとっていたという。

    「小川は慎也がプロ入りしたときの担当スカウトで、慎也も頼りにしていた。
    2年前に入閣するときも当初、衣笠社長と折り合いの悪かった慎也は難色を示していたんやが、小川が球団側との間に入るということで、入閣したといういきさつがある。
    その小川との信頼関係が、監督とヘッドという関係で戦ううちに、おかしくなってしまったんやろうね。
    ベンチで慎也が小川のそばに寄り付かなくなっていたし、京セラドームのヤクルト戦で話したときも『なんか冷めとるな』という空気を感じた」

    また、小川監督との関係だけではなく、選手や球団との関係も悪くなっていたのではないかという。

    「伝統的にヤクルトの選手はコーチが口うるさく言っても聞かないタイプの選手が多い。選手は言うことを聞かないわ、球団はちゃんと補強してくれないわ…。
    それに慎也が耐えられなくなり、ケツをまくったというのが本当のところなんやろ。

    きめ細かい野球を目指す慎也にとって、この球団では自分の野球ができない…と思うのは、ある意味仕方がない。そこは真面目すぎる性格がアダとなってしまった」

    2: 風吹けば名無し 2019/09/10(火) 11:45:29.00 ID:DGNTE8XR0

    【【東スポ】ヤクルト・小川監督&宮本ヘッド「ダブル退団」の舞台ウラ】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    1: 名無しさん@おーぷん 19/09/10(火)16:30:19 ID:kox
     ヤクルトは10日、小川淳司監督(62)が今季限りで退任することを発表した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190910-00000135-spnannex-base

    76

    2: 名無しさん@おーぷん 19/09/10(火)16:31:45 ID:JXq
    後任どうすんねん

    【ヤクルト小川監督、宮本ヘッド退任確定】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20130221145906b1d
    1: 名無しさん@おーぷん 19/09/10(火)01:29:06 ID:Kq6
    語ろうや

    2: 名無しさん@おーぷん 19/09/10(火)01:30:56 ID:Kq6
    今年は寂しくなるンゴね

    【【小川監督】ヤクルトを去る人たちの思ひ出【館山、畠山、宮本コーチ】】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    20130221145906b1d
    1: 風吹けば名無し 2019/09/08(日) 22:55:43.21 ID:s5uoSDE90
    前回14年に監督を辞任した際には、翌年からシニアディレクターに就任している。辞任した場合について「(球団を)熟知している人。何かお手伝いをいただければ」と話し、球団に残る可能性が高いことを示唆した。

    2: 風吹けば名無し 2019/09/08(日) 22:55:54.49 ID:s5uoSDE90

    15: 風吹けば名無し 2019/09/08(日) 22:58:25.87 ID:Wz+BhJDA0
    監督は誰がやるのよ

    【ヤクルト小川監督、辞任後は球団に残る可能性を示唆】の続きを読む

    このページのトップヘ