ツバメ速報

セリーグプロ野球球団東京ヤクルトスワローズのなんjの5chまとめブログ

    右サイドバーの一番上に「ページの一番下へ移動」できる文字を追加しました。 コメントが多い実況記事でお使いください。(パソコンの方へ)

    大下佑馬

    k

    中継ぎで7試合に登板し、防御率0.96と好投していた大下に代役を託したが、期待を裏切る結果に。「力不足ということ。中継ぎに迷惑をかけた。こういうチャンスをもらったのに、つかまないといけない。情けない」と大下。田畑投手コーチは「見ての通り。ボール自体も含めて、チャンスをもらったということが感じられない。ファームで鍛え直してもらう」と2軍降格を示唆していた。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190418-00349773-fullcount-base

    466: 
    風吹けば名無し 2019/04/18(木) 21:08:20.76 ID:ZnqI0KSSa
    大下はもっかいリリーフで調整して
    そもそもろくに先発調整してないリリーフをこの時期に先発起用して凌ごうというのが甘えわ

    【ヤクルト田畑コーチが大下に「ファームで鍛え直してもらう」】の続きを読む

    1: Egg ★ 2018/11/15(木) 19:58:54.97 ID:CAP_USER9
    ヤクルト・大下が「脱サラ」を宣言した。1年目の今季に25試合で2勝1敗の成績を残した右腕は、見た目は細身だが、実は体脂肪率23%。「着やせしてます。サラリーマン体形じゃなく、アスリート体形にしないと…。20%は切りたい」と悩みを吐露し、「今まであまりやってこなかった」というウエートトレーニングに励む構えだ。

     上半身のコンディション不良で松山キャンプは不参加。年内のブルペン入りを目指しており「1年間戦うスタミナが足りない」と表情を引き締めた

    スポニチアネックス2018年11月15日10時55分
    https://news.infoseek.co.jp/article/sponichin_20181115_0097/?ptadid=

    hio

    2: 名無しさん@恐縮です 2018/11/15(木) 20:00:26.07 ID:nggwoYvi0
    サラダ絶ちとは思い切ったな

    【ヤクルト・大下“脱サラ”宣言! 体脂肪率23%...「アスリート体形にしないと...」「20%は切りたい」 】の続きを読む

    9ca74417
    1: 風吹けば名無し 2018/09/25(火) 13:52:41.76 ID:Svc6gG8h0
    大下佑馬 39回 防御率3.46 2勝1敗 奪三振33 与四球8 whip0.92

    2: 風吹けば名無し 2018/09/25(火) 13:53:11.06 ID:Hy5wF6rnr
    普通に優秀

    【ヤクルトスワローズのドラフト2位大下佑馬の成績】の続きを読む

    9ca74417
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)15:02:16 ID:0d8
    34.1回 防御率3.67 被打率.190 whip0.90 K/BB3.88

    打たれてんだか打たれてないんだかわからない

    10: 中0-1ヤ(4回表) 2018/09/23(日)15:09:11 ID:Lal
    打たれてないし四球出さないし三振も取れてるけど防御率高いってことやな

    【ヤクルトドラ2大下さんの成績、割とまじで気持ち悪い】の続きを読む

    180206003

    1: 風吹けば名無し 2018/07/27(金) 16:03:31.11 ID:PYVresqA0
    セントラル・リーグ


    出場選手登録

    広島東洋カープ 投手 98 佐藤 祥万
    阪神タイガース 投手 28 小野 泰己
    読売ジャイアンツ 投手 30 宮國 椋丞
    読売ジャイアンツ 投手 48 池田 駿
    読売ジャイアンツ 内野手 96 マルティネス
    東京ヤクルトスワローズ 投手 61 J.ウルキデス


    出場選手登録抹消

    広島東洋カープ 外野手 10 岩本 貴裕
    阪神タイガース 投手 19 藤浪 晋太郎
    読売ジャイアンツ 投手 11 上原 浩治
    読売ジャイアンツ 内野手 60 若林 晃弘
    東京ヤクルトスワローズ 投手 15 大下 佑馬

    >>8月6日以後でなければ出場選手の再登録はできません。

    【【公示】ウルキデスが一軍初登録、大下が抹消】の続きを読む

      このページのトップヘ