ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    明日フジONEで10時からトライアウトがあります!実況記事作成します。

    古田敦也

    8c35c387

    1: 風吹けば名無し 2017/11/10(金) 14:30:48.08 ID:v04gG9J30
    「アメリカは野球が30球団、アメフトが32球団、バスケが30球団、NHLが31球団あるからPSも盛り上がる」
    「日本は12球団しかなく半分の6球団が出るから文句言うやつが出てくる」

    人口を考えたら京都市(150万)、新潟市(80万)、静岡市(70万)、松山市(50万)に新球団は作れる。4球団増やせる。」
    「4つの市にはそれぞれ立派な球場がすでにある」

    4: 風吹けば名無し 2017/11/10(金) 14:31:40.31 ID:507hC4mdM
    ええやん

    【古田「日本は12球団しかないからCSに文句が出る。アメリカの30球団見習って16球団に増やせ」 】の続きを読む

    8c35c387

    1: 風吹けば名無し 2017/11/11(土) 13:02:06.87 ID:dTHz5YxRM1111
    古田「打撃が苦手って言葉を言い換えてるだけ、苦手なものを克服してやろうという気概もないやつがプロでやっていけるわけがない」

    里崎「『守備的なキャッチャー』は打てないだけ、普通に打てればそんなことは言われない」

    3: 風吹けば名無し 2017/11/11(土) 13:03:18.61 ID:iVPrKwCu01111
    せやな

    【古田「『守備を頑張りたい』とか言い出すキャッチャーは期待しない」 】の続きを読む

    ba5d6e76

    1: 風吹けば名無し 2017/10/30(月) 14:28:19.09 ID:KySyTV7T0
    古田が提唱した16球団に増やすメリット

    古田「メジャーの場合30球団中10球団しかプレーオフ行けないのに日本の場合12球団中6球団も行けるからCSのありがたみがない

    古田「メジャーの球団みてみるとシアトルは70万人 カンザスシティは50万人 シンシナティは30万人しかいないのにそこにメジャー球団がある 
    日本は京都市150万人 新潟市80万人 静岡市70万人 松山市50万人とメジャーより余裕で大きい街があるしそこに全部球場があるので人口は全然問題ない」

    古田「日本は東京に一極集中してる 地方に球団が出来ることによって地方創生につながる

    2: 風吹けば名無し 2017/10/30(月) 14:29:04.84 ID:KySyTV7T0

    【古田敦也「NPBは16球団に増やすべき」 】の続きを読む

    ba5d6e76

    1: 風吹けば名無し 2017/10/29(日) 09:27:09.17 ID:GwEmYQyc0
    「12球団しかないからCSいらないなんて意見がでるんですよ」
    「16球団に増やせばプレーオフにも価値がでる」

    12: 風吹けば名無し 2017/10/29(日) 09:30:53.62 ID:9hgvxRyL0
    プレーのレベル下がりそう
    外国人枠6人くらいにせんと

    【古田「16球団 (京都、新潟、静岡、松山)に増やせ。そうすればCSに対する文句も消える」 】の続きを読む

    1: 砂漠のマスカレード ★ 2017/10/27(金) 18:06:29.05 ID:CAP_USER9
    no title


    ■古田敦也をあえて2位で指名したワケ

    ドラフト会議は、球団の思惑と選手の人生がまさに交錯する場所。最も有名なドラマが「KKドラフト事件」だろう。
    1985年、巨人入りを熱望していたPL学園の清原和博選手。
    相思相愛かと思いきや、指名されたのは同じPL学園の同級生、桑田真澄投手だった。
    清原は会見で涙し、西武に入団した。後年、清原は巨人に移籍し、2人は再びチームメイトになった。

    各球団のスカウトにとっても成果が問われる運命の一日となるドラフト会議。
    ヤクルトで30年以上にわたってスカウトを務め、数々の有名選手を発掘した"伝説のスカウト"片岡宏雄氏は「普通、ほとんどのスカウトは監督の言うことを聞く。
    ところが僕は『うちへ来れば(試合に)出られるし、絶対にうちへ来い』と約束をしてしまった」と、古田敦也選手獲得の裏側を明かす。

    「本人もプロ野球をよく分かっていて、ヤクルトのキャッチャーになれば先輩をすぐに追い抜けるという自信もあったようだった。
    すぐに本人からOKが出た。『ヤクルトにお願いします』という。だけどその時に野茂がいた。
    そこで(古田選手に)『野茂を1位でいくから、悪いけどヤクルトに行くと宣言してくれ』と話した。
    そうすると大体降りるチームが多くなる。よそのスカウトにも、僕が『古田はうちに来る』と言っているものだから、他の球団は指名して来ないだろうという自信があった。(これは裏取引ではなく)本人との約束事」。

    片岡氏の裏話にはまだ続きがある。
    「それでいざドラフト会場に行くと、野村克也監督が『メガネをかけたキャッチャーはいらない』と言った。高卒のキャッチャーを取って、自分が育てたいと思っていた。
    でも僕は変える気はなかった。
    そしたら球団社長が、あんまり監督に逆らうなと、僕の足を蹴飛ばしたんですよ。
    僕はイライラして会場を飛び出してやろうかと思ったが、大人気ないなと思って、まずピッチャーに行った。
    古田は絶対に残ってるという確信があったし、実際に来てくれた。ただね、古田には謝りましたよ。1位でいけなかったから」。

     片岡氏はスター選手の発掘方法について「キリがないから深くは選手を見ない。けど、一目惚れは大事。感性でこの人はすごいと感じた人。
    例えば選手でも100回見てもいいか悪いか判断できない選手もいる。
    一回見たらこいつだっていう人もいる。スカウトというのは簡単なようだけれども、感性で選ばなければいけない。
    チェックポイントは人間の体の部分、全てあります。足の先から指の先まで感じるものはある」と話した。(AbemaTV/『AbemaPrime』より)

    http://news.livedoor.com/article/detail/13808783/
    2017年10月27日 15時4分 AbemaTIMES

    2: 名無しさん@恐縮です 2017/10/27(金) 18:07:40.60 ID:KOFDgExV0
    野村は古田に光るものを見つけていたからな

    【伝説のスカウト元ヤクルト片岡宏雄氏が明かした古田獲得の秘話 野村克也監督が『メガネをかけたキャッチャーはいらない』と言った 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/10/14(土) 22:38:19.75 ID:blKr2po+0
    当時、古田氏と同じ年にプロ入りしたライバル・佐々岡氏の登場が感動をもたらしたが、古田氏は「実は、最後に佐々岡が投げるって話は聞いてました」とアッサリ。ショートゴロに終った自身の打席についても、「球が遅いんですよ。(佐々岡氏も選手としてのピークは過ぎており)プロの球じゃないんです。もうトロトロトロって。もっとピュッときてくれんかなと。『これ引っ掛けるわ』と思ったらショートゴロだった」と明かし、大笑いした。

    56


    6: 風吹けば名無し 2017/10/14(土) 22:39:44.84 ID:9F5Bk8XB0
    仲良いね

    19: 風吹けば名無し 2017/10/14(土) 22:42:19.87 ID:blKr2po+0

    【古田敦也、引退試合での広島佐々岡との対戦を語る】の続きを読む

    8c35c387

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/20(水)18:53:23 ID:1ow
    常識すぎて皆知ってるか

    6: 名無しさん@おーぷん 2017/09/20(水)18:55:31 ID:0Ng
    11~22ぐらいまでは確実に投手

    【プロ野球でのキャッチャーの背番号「27」は事実上の正捕手】の続きを読む

    1: 名無しさん@恐縮です 2017/09/14(木) 15:37:41.92 ID:CAP_USER9
    元プロ野球選手で野球評論家の古田敦也氏が13日深夜放送のフジテレビ系「村上信五とスポーツの神様たち」に出演し、プロ野球の引退試合に関する裏話を披露した。

    引退する打者に対しては、投手は直球を投げ続けるといい、「よく最終打席だから打たせようというピッチャーがいると言われるが、打たせようというのはない。
    (変化球ではなく)ストレートを投げるが、全力で投げて打者も全力で打つのが、最後の儀式」と説明。

    かつてヤクルトの同僚だった鈴木健内野手が最終打席で、ファウルを続けて最終的には15球目を中前にはじき返して引退を飾った話題に触れ、
    「(対戦相手を務めた横浜の投手)横山(道哉)が15球も投げて、全部ストライクを入れたのが凄い」と振り返った。

    一方で、1998年に引退した巨人の吉村禎章外野手の最終打席では、対戦した投手が制球に苦しみ、
    ストライクが入らず、四球になることを嫌い、最後はボール球を打って二飛に倒れたエピソードも明かした。

    相手投手は広島の若手、玉木重雄だったが、玉木は試合後、「“すいません、すいません”とすごく謝っていました」と話していた。

    http://news.livedoor.com/article/detail/13610888/
    2017年9月14日 11時39分 デイリースポーツ

    https://www.youtube.com/watch?v=YhZ9RHjw42A


    横浜・村田修一 引退登板の広島・佐々岡から特大ホームラン

    https://www.youtube.com/watch?v=2Y547-o38NE


    07/10/04 鈴木健現役最終打席

    https://www.youtube.com/watch?v=e9IMoofBIV8


    【プロ野球】 桧山進次郎  現役最終打席でホームラン 【代打の神様】

    https://www.youtube.com/watch?v=mWCaWSIRZrY


    古田最後の打席 佐々岡と対戦

    https://www.youtube.com/watch?v=4AXImt-AdKM


    2004/10/10 阪神タイガース  八木裕引退試合

    https://www.youtube.com/watch?v=-0FIoGuPhQw


    09年09月30日 立浪引退試合 全四打席中 最終打席

    20: 名無しさん@恐縮です 2017/09/14(木) 15:51:10.44 ID:6hDRytvI0
    鈴木健はファールフライでアウトなはずだった
    男村田はファールフライはわざと落とす

    【元ヤクルト古田氏、引退試合の「儀式」明かす 「最終打席は全力で直球を投げる」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/09/14(木) 12:50:10.64 ID:k8np+1Mf0
    元プロ野球選手で野球評論家の古田敦也氏が13日深夜放送のフジテレビ系「村上信五とスポーツの神様たち」に出演し、
    ヤクルト時代に野村克也監督から2時間もの間、土下座させられて説教を受けたエピソードを披露した。
    オープン戦に捕手として出場した古田氏は、邪飛をベンチ前で落球。
    開幕前であったことからケガを恐れて、フェンスを避けながら手を伸ばしたため、ミットに当てて落球したという。
    古田氏は「それが気に入らなくて…」と回想。
    野村監督からは「去年までのお前なら飛び込んででも捕っていた。その慢心がダメなんだ」と叱責されたという。
    さらにコーチから直接、謝罪に行くように指示され、監督室に赴くと、「監督が“座れ”っていうから、ソファにポンと座ったら“そこじゃねー”って怒られた」と振り返った。 
    古田氏は「それで怒りが増幅したんでしょうね。
    そこから2時間、“キャンプの時のストレッチの姿からおかしいと思っていた”とか、じゃあ、その時言ってよみたいな」と振り返り、進行役の村上信五もこの告白には大笑いしていた。
    http://news.livedoor.com/article/detail/13610957/

    yo

    22: 風吹けば名無し 2017/09/14(木) 12:59:56.25 ID:7AdgNblt0
    バラエティで共演した時ワシが育てた感出した時の古田のぎこちない反応はそういう事だったんか

    【古田敦也、現役時代に野村監督に2時間座させられたことを告白】の続きを読む

      このページのトップヘ