ツバメ速報

セリーグプロ野球球団東京ヤクルトスワローズのなんjの5chまとめブログ

    エスコバー

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/12/06(日) 03:25:00.08 ID:Wewhz4Iia
    no title


    14: 風吹けば名無し 2020/12/06(日) 03:30:01.02 ID:J7SFYlvq0
    清水ええやつやな

    【清水昇、守備ナンバーワン選手にエスコバーを選出】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/11/23(月) 18:13:01.56 ID:zhUJvuv00

    2: 風吹けば名無し 2020/11/23(月) 18:13:07.92 ID:zhUJvuv00
    ◆ OPSはリーグワースト、三塁へ配置転換も

     日本野球機構(NPB)は23日、ヤクルトのアルシデス・エスコバー選手(33)を自由契約選手として公示。1シーズン限りでヤクルトを退団することになった。

     エスコバーは今季から加入した新外国人選手で、今季は6・7番での起用を中心に104試合に出場し、打率.273(377-103)、1本塁打、30打点、6盗塁の成績。長打率と出塁率を併せた打撃指標OPSはセ・リーグの規定打席到達者ワーストの.641に沈んだ。

    13: 風吹けば名無し 2020/11/23(月) 18:16:17.74 ID:b5ojjMnI0
    肩とリストは強かったけど守備範囲がね

    【ヤクルトエスコバー、自由契約】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/11/16(月) 11:53:33.82 ID:nhJRxx960
    ヤクルトは16日、スコット・マクガフ投手(31)と新たに2年契約、アルバート・スアレス投手(31)と単年契約を結んだことを発表した。
    また今季から新助っ人として加わっていたアルシデス・エスコバー内野手(33)の退団も発表された。

    https://news.yahoo.co.jp/articles/7f075c5ba5e52a1e8087f7a8896bf4af7d470ad2

    28: 風吹けば名無し 2020/11/16(月) 11:56:20.93 ID:114bV9kOa
    エスコバーええ奴やったけど来るのが3年遅かったな

    【ヤクルトがマクガフと2年、スアレスと1年契約 エスコバーは退団】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/11/12(木) 12:44:52.64 ID:tBCfOTvy0
    ヤクルトは12日、アルシデス・エスコバー内野手(33)が帰国したと発表した。

     助っ人は球団を通じて「今年、コロナ禍の状況にも関わらず、神宮球場に足を運んでいただき、たくさんの応援をありがとうございました。
    ファンのいる球場でプレーできるうれしさを実感した1年でした。来年、また皆さんとの再会を希望しています
    」とコメントした。
    https://www.sanspo.com/baseball/amp/20201112/swa20111212060006-a.html?__twitter_impression=true

    12: 風吹けば名無し 2020/11/12(木) 12:46:51.28 ID:E/3uOe2eM
    来年あるってまじ?

    【ヤクルト・エスコバーが帰国「うれしさを実感した1年でした」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 風吹けば名無し 2020/11/10(火) 22:28:36.31 ID:nJsoXNsN0
    ◇規定到達して1本塁打のみの外国人選手
    バルボン(阪急・1960年)
    バルボン(近鉄・1965年)
    エスコバー(東京ヤクルト・2020年)

    55年ぶり・通算2人目(3度目)の珍しい?不名誉な?記録を樹立…
    ちなみに規定到達して無本塁打の外国人選手はこれまでいませんでした。
    #swallows

    5: 風吹けば名無し 2020/11/10(火) 22:29:43.57 ID:JW2otKNy0
    バルボンとかいうやつ余程守備上手かったんか

    【ヤクルトエスコバー、55年ぶりの珍記録達成】の続きを読む

      このページのトップヘ