ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    つば九郎

    39752b29
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/12(金)17:00:37 ID:e0D
    >では、スケッチブック芸での発言で心掛けていることは何ですか?
    >「『えんじょう』しない ぎりぎり」

    >その、炎上しない「ぎりぎり」のラインはどうやって判断しているんですか?
    >「えらいひとの かおいろ」

    >その感覚は、会社員と似ているんですね。もっと具体的にいうと、どう見極めているんでしょう?
    >「それが ぎりぎりなので おしえられない」

    >企業秘密なんですね。でも、怒られてしまうこともあると。
    >「じむしょで 4じかん」
    >「まじで おこられた おもいだしたくない」


    https://king.mineo.jp/magazines/special/951

    3: 名無しさん@おーぷん 2018/10/12(金)17:01:37 ID:obE
    怒られてもギリギリを追求する畜ペンの鑑

    【つば九郎、事務所で4時間ガチ説教されていた】の続きを読む

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/07(金)17:21:00 ID:DDY
    https://twitter.com/swa_liquid/status/1037623632481083392?s=19
    ぐう聖ペンギンになってしまった模様

    【【悲報】つば九郎、ぐう聖発言をし好感度をあげてしまう】の続きを読む

    39752b29

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/08/13(月)23:36:29 ID:Bk4
    https://ameblo.jp/2896-blog/entry-12107863308.html
    >ひがしでくん。
    >こうこうのときは、ぴっちゃーもやっていたひがしでくん。
    >ひょっとしたら、つばくろうが、かーぷのせんしゅで1ばんさいしょの、おとももちなのかな???
    >いつもえがおがさわやかでした。

    原因(元凶?)は東出(現コーチ)だった模様

    6: 名無しさん@おーぷん 2018/08/13(月)23:50:05 ID:M8l
    ええやっちゃ

    【つば九郎が広島の選手と仲がいい理由wwwww】の続きを読む

    1: サイカイへのショートカット ★ 2018/06/28(木) 14:27:10.80 ID:CAP_USER9
    ヤクルト小川に時計ブランド つば九郎もおねだり
    2018年6月28日12時44分 日刊スポーツ
    https://www.nikkansports.com/baseball/news/201806280000479.html

    スイスの時計ブランド「ファーブル・ルーバ」のスポンサー就任会見に出席したヤクルト小川投手(中央)とつば九郎(撮影・保坂恭子)
    no title


    スイスの時計ブランド「ファーブル・ルーバ」のスポンサー就任会見に出席し、おねだりするヤクルトのつば九郎(撮影・保坂恭子)
    no title


    自身のスポンサーに就任したスイスの高級時計ブランド「ファーブル・ルーバ」の会見でポーズを取るヤクルト・小川(左)とつば九郎
    no title


    スイスの高級時計ブランド「ファーブル・ルーバ」が28日、ヤクルトと小川泰弘投手のスポンサーに就任したことを、都内で会見した。

    登壇した小川は「『ファーブル・ルーバ』のフロンティア精神、未知なる世界へ挑戦する精神は、自分にとっても大切な部分です。自分も、挑戦を続けていきたいと思っているので、快くお受けしました」と話した。

    オリジナルモデルの「レイダー・シースカイ」を贈られ、さっそく左手首に装着。「スワローズのブルーも入っていて、かっこいいですね」と笑顔を見せた。「ファーブル・ルーバ」のルカ・オルドゥーニャ代表は「青と赤が入っていて、スポーツ選手に似合うモデルです」と説明した。

    会見に同席したつば九郎は、小川の隣でうらやましそうに視線を送っていた。「じかんにるーずなので ぜひ 一つください」とおねだりし、お辞儀をしてアピールしていた。

    【ヤクルト小川、高級時計ブランドと契約 つば九郎もおねだり「じかんにるーずなので ぜひ1つください」 】の続きを読む

      このページのトップヘ