ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

東京ヤクルトスワローズのまとめブログ なんJ なんG おんJ  5ch まとめサイト

    ヤクルトスワローズ

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fky
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)21:25:40 ID:qjn
    プロ15年目、去年までは通算で62試合しか出てなかった模様

    3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)21:26:42 ID:mGA
    キャリアハイを更新し続ける男

    【井野卓(35).160(12-75) 0本 4打点 42試合←キャリアハイ更新中】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    9ca74417
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)15:02:16 ID:0d8
    34.1回 防御率3.67 被打率.190 whip0.90 K/BB3.88

    打たれてんだか打たれてないんだかわからない

    10: 中0-1ヤ(4回表) 2018/09/23(日)15:09:11 ID:Lal
    打たれてないし四球出さないし三振も取れてるけど防御率高いってことやな

    【ヤクルトドラ2大下さんの成績、割とまじで気持ち悪い】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    e0f41e40
    1: 風吹けば名無し 2018/09/23(日) 13:10:26.07 ID:izxv9f3da
    ドラフト4位 塩見泰隆(25) 

    2軍45試合出場
    打率 3割1分8厘
    本塁打 9本
    打点 24
    盗塁20盗塁
    OPS0.998

    143試合換算だと
    打率 3割1分8厘
    本塁打 28本
    打点 76
    盗塁 63

    2: 風吹けば名無し 2018/09/23(日) 13:10:41.04 ID:1JkE8O3d0
    ふーん

    【ヤクルトの二軍にとんでもないルーキーがいる件 】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    fc2blog_20160124195005515
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)11:55:36 ID:IOf
    ◎ヤクルト・畠山は守備練習前、キャッチボール相手が見つからず「友達がいません…」。その後、無事に見つかりました。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180923-00000080-spnannex-base

    3: 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)11:58:25 ID:Fl1
    はぐれ山賊

    【ヤクルト畠山「友達がいません」】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加
    no title
    1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/23(日)16:56:39 ID:itU
    天正四四六年 長月 弐拾参日

    徳川絡繰屋敷に乗り込んだ一行は、徳川軍最強の男、菅野に拠って其の一切の攻撃を許されず惨敗。事もあろうに、太鼓持ち秋吉に対して戸田の封を行われる等、其の被害は甚大。
    然し将小川以下一行、誰も其の希望を失って等居ない。位捲守合戦に挑むために、下を向いてなど居られぬ。
    故に一行は風神風張を呼び戻し尾張の地へと赴く。其の目標、当然織田軍。――滅ぼすか、滅ぼされるか。最終決戦である。
    天正一桁の刻に於いて、一行は結局織田に下った。然し今は違う。其の合戦、必ずや勝利にて終わらせようぞ。
    位捲守合戦に織田軍は呼び寄せぬ。――其の先鋒、金剛原。いざ、往かん。

    尾張に乗り込んだ一行に対し、織田軍は既に合戦準備を整えていた。織田軍としても最終決戦、互いに思考は同じである!
    織田軍先鋒、伴天連 軽死亜に対し一行はいきなり攻める。歌術使い西浦が張り切って一曲目を披露すれば、此れに混乱した軽死亜は伴天連思想青木に直撃弾を放つ始末。
    だが此処で本願寺隠れ信徒平田が幻術を発動、第二陣まで侵攻した西浦を動かさず。其の幻術により我に返った軽死亜、一行を封じきるのだ。
    此れで勢いに乗ったのが織田軍である! 即座に原に襲いかかり、あっと言う間に全包囲。然し此処は金剛たる所以を見せ、二者を一太刀にて斬り伏せる妙技を披露!!
    ――然し原、此れに魅入られてしまったのだ。併殺の陣と呼ばれる先鋒をまるで試すように、第四、第五戦線も自ら危機を呼び寄せ併殺の陣。此れに怒りを覚えたのは将小川。
    合戦は遊びではないと、原を引っ込めてしまう始末である。その後を継いだ雨使い破風、小僧梅野、猛牛近藤は当たり前のように織田軍を封じ込める。

    一方の攻撃陣は難攻不落の軽死亜に対し、僅かな好機を通すような攻撃を展開。先ずは第三戦線、青木の長距離射撃に織田軍が動揺する間隙を突き、十八番山田が軽死亜を斬りつける。
    更に第四戦線、神の子大引の説法に感動した軽死亜が第一陣に彼を案内すると、天才川端の囮作戦紛い、苦労人井野の跳弾戦法により本陣を通過!! 此れが犠牲の尊さか、と軽死亜は感動である。
    然し即座に織田軍により正気に戻らされた軽死亜は、二度も洗脳された怒りに依って一行を虐殺、更に第八戦線も伴天連 露土理下司により虐殺は継続。
    第九戦線、川端は織田軍の未来高橋の顔面を射撃するといった蛮行を披露。だが此れに負けじは優男佐藤である。一行を封じると、後を託す。

    直後、尾張の地に降り立つは和尚。――嗚呼、外は良い天気だ。小鳥が鳴き、葉は赤く染まる。
    この様な良い陽気に、織田軍のような兵は……極楽浄土へ送るべきだ。石山本願寺、勝利まで残るは首三つである。

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

    このページのトップヘ