ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    ヤクルトOB

    c8eae7b5

    1: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 18:03:59.39 ID:PNFYEQrGM
    もう十年は経つだろ…

    2: 風吹けば名無し 2018/02/21(水) 18:04:26.07 ID:q3qE6sBkd
    ズレータ

    【【悲報】グライシンガーよりロボットっぽい名前の選手、未だ現れない 】の続きを読む

    98a95972

    1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)08:06:43 ID:mhi
    1位:田中浩康 1009安打
    (梵英心 990安打)
    2位:石川雄洋 965安打
    3位:吉村裕基 759安打
    4位:亀井義行 758安打
    4位:中村晃 758安打

    2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/15(木)08:08:53 ID:UJM
    ピロ一回も出たことなかったんか意外やな

    【AS未出場選手の現役選手通算安打トップ5】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/02/11(日) 08:57:26.66 ID:VdGLdSKPp
    天敵に大敗した悔しさか。試合後、ホークスOBを率いた野村総監督のぼやきが止まらなかった。

    OB戦の感想を問われ「小さな祭り。参加することに意義がある」と最初は殊勝に答えたが「試合はつまらなかった。無理だよ。年寄りばかりでやってるんだから」とチクリ。久々に南海のユニホームに袖を通したことにも“毒ガス”を噴射。
    このユニホームは大嫌い。これにお世話になって、これに裏切られて。感謝と憎しみが五分五分」と1977年の監督解任事件への恨みをぶり返した。

    にこやかに試合を楽しむ様子も見られたが「顔の話は一番自信がないところ。もう少しいい顔していれば人気者になったんだろうけど」と自虐ネタ。
    代表インタビュアーにも「俺のこと知ってる? 長嶋は知っていても野村は知らないだろ?」と嫌み。囲み取材でこの日、不参加だった清原和博氏の名が出ると
    「バカとしかいいようがない。善悪の区別がつかない。(清原氏の西武時代の)森監督に『おまえが悪い』と言ったことがある」と切り捨てた。

    ただ「これだけ年月がたってもプロ野球はONが支えている。すごい」と2人には脱帽。大谷がメジャーに移籍した日本球界に「スーパースターがいない。人気商売なのに。清宮? どんどん打ってほしいね」と新たなスター誕生を期待した。
    試合には出場しなかったが“独演会”で存在感は際立っていた。

    52

    2: 風吹けば名無し 2018/02/11(日) 08:58:02.49 ID:VdGLdSKPp

    3: 風吹けば名無し 2018/02/11(日) 08:58:16.80 ID:kBMMM7mD0
    ユニ着てるとシャッキリポンで良かったまだ大丈夫そうだ

    【ノムさん、ぼやき全開で存在感「ホークスユニ嫌い」】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 15:09:13.07 ID:quUOXQpAF
    no title

    2: 風吹けば名無し 2018/02/10(土) 15:09:51.53 ID:XWooQjvfp
    これ凄いな

    【ワイ、長嶋茂雄、王貞治、野村克也、張本勲の4ショットに涙が止まらない 】の続きを読む

    1: きのこ記者φ ★ 2018/02/07(水) 11:32:31.12 ID:CAP_USER9
    テレビ朝日が1月、『プロ野球総選挙』という番組を放送したが、その結果は、投手部門の1位が今春、MLB・エンゼルスへの入団が決まった大谷翔平。
    打者部門の1位がイチロー。これに対して、往年のファンから異論が続出している。

    長年にわたって野球を観戦してきた、ファンの熱い思いをすくい取らなければならない。そう考えた本誌・週刊ポストは、1000人を対象に愛読者アンケートや読者への聞き込み調査を実施。
    その結果、選ばれたのは、テレビ番組とはまったく違ったメンバーだった。投手部門の1位は誰か。


    1位は、ご存じ「カネやん」こと金田正一(242票)。プロ野球史上唯一の400勝投手だけに、「14年連続20勝なんて、ありえない数字」(69・元メーカー)とファンも納得の様子だ。

    本人に結果を伝えると、開口一番「当たり前だろうが!」と言いつつ得意満面。
    「400勝とかではなく、技術、考え方、鍛え方、体のケアと、何をとってもワシの右に出るヤツはおらん。
    少しでもバッターの近くで投げるために、上体ではなく下半身で投げていた。

    長嶋(茂雄)が“打とうとしたらボールが消えた”と言っていたが、ボールが下から浮き上がってくるんだから、打てっこないよ。
    鉄腕だかなんだか知らないが、稲尾(和久)なんかと比べちゃいけません。大谷? テレビはシャレでやってるんだから真に受けちゃいかんよ」

    とはいえ、2位の稲尾(元西鉄・98票)が残した印象も鮮烈だ。1958年に巨人と対戦した日本シリーズでは7試合中6試合に登板。
    6、7戦は連投でいずれも完投勝利をあげ、3連敗の後の4連勝という逆転劇を果たした。82歳の往年のファンが言う。

    「1961年には78試合に登板して42勝。若いファンには想像もできない数字でしょ? 酷使がたたって選手寿命は短かったけど、今でも脳裏に焼きついている」

    巨人の名遊撃手としてV9に貢献し、監督としてもヤクルト、西武を日本一に導いた広岡達朗氏も、「大谷がスピードボールを投げるといっても、金田や稲尾は速いだけじゃなくコントロールもあった。
    先発完投して連投もしたんだから、今の過保護なピッチャーと一緒にしてもらいたくない」とピシャリ。

    3位の江川卓(巨人・84票)には、「高校時代が一番すごかった」との声が多数。

    「甲子園の江川だけだよ、本当の『怪物』は。なにしろバットにボールが当たらないんだから。バントさえできないような速球なんて、大谷にだって投げられないよ。
    高校からそのままプロに入っていれば、300勝はしたと思う」(65・自営業)
    (以下略)

    https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180207-00000010-pseven-spo&p=1

    5

    22: 名無しさん@恐縮です 2018/02/07(水) 11:42:05.74 ID:L4c8dbdJ0
    弱小球団の国鉄で400勝

    【金田正一氏、週刊ポスト「投手総選挙一位」に得意満面 「当たり前だろうが!何を取ってもワシの右に出るものはおらん」 】の続きを読む

      このページのトップヘ