ツバメ速報

セリーグプロ野球球団東京ヤクルトスワローズのなんjの5chまとめブログ

    右サイドバーの一番上に「ページの一番下へ移動」できる文字を追加しました。 コメントが多い実況記事でお使いください。(パソコンの方へ)

    2019年03月


     ヤクルト・高梨裕稔投手(27)が、移籍後初登板で6回を3安打1失点の好投。勝利投手の権利を持ってマウンドを降りた。

     初回に先頭打者の木浪に四球を与えたものの後続を退け、与えたのは4回の大山の犠飛による1点のみ。最後の6回もクリーンアップの糸井を二ゴロ、大山、福留から見逃し三振を奪い、100球でお役ご免となった。「初登板で緊張しましたけど、ある程度投げることができました」と振り返った。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190331-00000162-sph-base


    ry
    25: 風吹けば名無し 2019/03/31(日) 17:01:34.92 ID:KzNX6Ry30
    高梨おめ

    【ヤクルト高梨が移籍後初勝利!「緊張しました」】の続きを読む

    180206003
    1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 03/31(日)12:34:04 ID:WZA
    今ヤクルトファン「先発はいいんやが打線か話にならん…」

    4: 名無しさん@おーぷん 平成31年 03/31(日)12:35:54 ID:fXC
    たぶん次の三連戦で評価また変わってるやろ

    【開幕前ヤクルトファン「先発がダメや…これじゃ…」】の続きを読む

    no title
    1: 名無しさん@おーぷん 平成31年 03/31(日)16:49:26 ID:FZ4
    天正四四七年 弥生参拾壱日

    徳川、織田軍が反撃を試みる中、豊臣軍に惨敗を喫した一行。まるで打つ手のない攻撃力不足により、開戦直後にして暗雲が漂う始末だ。だが誰であろうとも、諦めてはいない。
    三度挑んだ合戦に於いて、豊臣軍が起用する先鋒は西である!! はてこの男、池田の番頭ではないか。然し本願寺瓦版『賛素歩』の情報操作にて豊臣軍に参入せざるを得なくなった不遇の兵であるという。
    なればと一行、太鼓持ち秋吉に代わり招聘した蠣崎の高梨を先鋒に起用。あな覇軍の戦いかと思わせる一戦は、波乱の幕開けを迎える。

    先ず第一戦線、嘗ての同士であった武士坂口が西を斬り結ぶと、暴れん坊馬連手院、優しき剛力羅が絶牛雷犂熱刀にて此れを粉砕!! 遂にらしさが出てきた一行の攻撃陣に、来安と老師はやれやれと肩を竦める始末である。
    一方の高梨は伝説の鳶職成瀬に憧れる鳶職である。然し此の時に於いて相応しいものではないと、高所の憧憬を封印。バッタバッタと豊臣軍を薙ぎ倒す!!

    然し西も番頭級、第二戦線以降は致命傷を避ける戦いを見せる。特に第六戦線、伴天連思想青木に一撃を受けた後は暴れん坊を幻術にて翻弄。此れを退けると馬連手院は烈火の如く激怒であった。
    然し高梨は第四戦線にて、若き砲手大山の手にかかり手傷を負う。だが此の一太刀のみで切り抜けると第六戦線までを一刀両断、第七戦線を鉄球投げ梅野に託し退いた。此れには一行、賞賛の嵐である!

    然し第八戦線であった。敵軍の歩兵島本が武士坂口を射殺!! 此れには民衆大激怒、本願寺周辺が怒号の嵐に包まれる。白き翼廣岡が代わり挑み、青木、三散華山田がこれを包囲するも馬連手院が捕まる。此れには豊臣軍も助かったと大吐息であった。
    然しまだ安堵するべきではない。怒りの炎を上げるのはこの牛とて同じこと!! 第一陣の守護者が居らず、猛牛近藤は其の双眸を熱き涙で濡らした。
    然し臆するな、第三陣には同じく怒りに燃える神の子大引が控えている! 元同僚のよしみとして地底人糸井こそ解放するも、残る三者を突殺!! 誇り高き牛の姿が此処にはある!

    第九戦線、その地に立つは和尚である。失態を犯した。其の信頼を損ねたことなど痛いほどに分かっている。
    だが、だからどうした。なればこそ其の信頼は、自らの手で、取り戻す他ないだろう!!
    ――黙して御覧じろ。石山本願寺、勝利まで残る首は僅かに三つである。

    【 ̄│石│山│本│願│寺│ ̄】の続きを読む

      このページのトップヘ