draft2013
1: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 05:47:44.42 ID:qZ0penpw0
「ドラフトが成功か失敗か、判明するのは10年後」

 球界の格言です。スポーツメディアはどうしてもドラフト直後に「採点」をしたがるもの。しかし、下位指名や育成で獲った選手がスターになり、競合した1位選手が全く活躍できないという例も、枚挙に暇がありません。

 それならば10年前のドラフトを振り返る。「勝ち組」はどこか、判定していきましょう。まずはセ・リーグ編からです。

 2013年の勝ち組は阪神と広島。そう断言しても反論はほとんどないでしょう。下記のような指名だったからです。

【阪神】
1位 岩貞祐太投手(横浜商科大)
2位 横田慎太郎外野手(鹿児島実業)
3位 陽川尚将内野手(東京農業大)
4位 梅野隆太郎捕手(福岡大)
5位 山本翔也投手(王子)
6位 岩崎優投手(国士舘大)

【広島】
1位 大瀬良大地投手(九州共立大)
2位 九里亜蓮投手(亜細亜大)
3位 田中広輔内野手(JR東日本)
4位 西原圭大投手(ニチダイ)
5位 中村祐太投手(関東第一)

 スポーツ紙のデスクはこの年の阪神のドラフトについて、こう解説します。

「大学ナンバーワン右腕の呼び声が高かった大瀬良には広島、阪神、ヤクルトが1位指名して、3球団競合の末、広島が交渉権を獲得しました。阪神は岩貞を外れ外れ1位指名しましたが、10年間で272試合の登板は立派の一言。4位で正捕手の梅野、そして何よりも6位で守護神・岩崎を獲得した。岩崎はこの10年間で443試合に登板し、守護神として今季は35セーブ。日本一の立役者になりました。下位でこのような逸材を確保している点は、スカウト冥利に尽きるでしょう」

 続いて、広島のドラフトについてもこう称えるのです。

「大瀬良は今季こそ6勝にとどまりましたが、10年間で81勝と文句のない数字です。九里も10年間で64勝。2017年からは毎年100イニング以上投げ、今年も174イニングを投げて8勝を挙げた。息の長さはお見事です。3位の田中も『タナキクマル』で一時代を築き、黄金期に貢献した。今年も111試合に出場し、円熟味あふれるプレーでマツダを沸かせています。外れのない、ドラフト巧者ならではの指名だったと言えるでしょう」

2: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 05:48:00.41 ID:qZ0penpw0
 最後に、巨人はこの年、下記のような指名でした。

1位 小林誠司捕手(日本生命)
2位 和田恋内野手(高知)
3位 田口麗斗投手(広島新庄)
4位 奥村展征内野手(日大山形)
5位 平良拳太郎投手(北山)

 小林以外は全員他球団に転出……。これもまた、10年間という年月の長さを実感します。

「田口も奥村も平良も、移籍先で奮闘しました。そういう意味ではスカウトに見る目はあったと言えるでしょうね」(前述のデスク)

 生き残った男たちは堂々の「10年選手」。さらなる活躍を期待せずにはいられません。

9: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 06:32:06.74 ID:AHmxGHuld
岩貞と岩崎ってどっちがどっちかわからん

11: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 06:45:29.27 ID:t6x2zBZN0
守護神といえば岩崎

12: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 06:48:58.90 ID:4rr2bP1M0
小林はなぜ放出しなかったのだろう

13: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 06:51:06.63 ID:s0YwvAVV0
広島が大当たり過ぎるやろ

14: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 06:52:24.93 ID:CqW1pgiK0
これ阪神が当たりなら巨人も当たりやろ

16: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 06:54:16.11 ID:rfUX0vhB0
陽川は実質大竹やからな

18: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 07:01:21.15 ID:/q679rUV0
この年の阪神は中日辺りと同列やろ
広島はとても比較にならん

19: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 07:05:16.47 ID:9SW9XOqP0
>>18
もう祖父江しかチームに残ってないぞ

20: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 07:10:53.23 ID:xXDohf5C0
こう見ると金本矢野ばかり言われて和田の功績は言われないの可哀想

8: それでも動く名無し 2023/11/17(金) 06:31:37.89 ID:DowbPXjyd
勝者はヤクルトって三国志の最後みたいやか

引用元: ・2013年の勝ち組は阪神と広島 ドラフト、“10年後の答え合わせ”【セ・リーグ編】