hqdefault
1: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)10:53:59 ID:6fg
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190501-00858760-sportiva-base&p=1

――1992年の日本シリーズ第7戦。1-1の同点で迎えた7回裏ワンアウト満塁の大チャンス。対戦したのは石井丈裕投手でした。

杉浦 スライダーが抜群の投手でしたね。僕の場合、インサイドのボールに詰まることはほとんどないんですけど、石井くんの場合はしっかり詰まらされました。曲がりが急だし、すごくいい角度で曲がってくるんです。とても打ちづらい投手でした。 ――前回の続きとなりますが、初戦で鹿取義隆投手から満塁ホームランを打ったことが伏線となって、「アウトコース低めのボールがくるだろう」と読んで打席に入って、まさに、狙い通りのゴロを打ちました。しかし、三塁走者の広沢克己(現・広澤克実)選手はホームでアウトとなりました。

杉浦 はい。だから、広沢のスライディングはベストではないように見えました。満塁でゴロを放ったのに、スタートが遅れているんです。後にこの場面の映像を見たら、広沢は一度戻ってからスタートをしていました。そして、そのまま真っ直ぐホームベースを目指すべきところ、回り込んでスライディングをしていました。何とかバットの先に引っ掛けてゴロを打ちましたが、結局は得点できなかったんです。





6: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)11:07:20 ID:Ot1
そらぁそうやろなぁ…広沢じゃ

7: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)11:08:21 ID:EKM
>>野村さんは(略)大事なところで人のせいにする部分があるのが残念です。

的確な分析に草


引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1556675639/

3: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)12:02:02 ID:YGj
こんなん当時から言われてたやん

4: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)12:02:06 ID:7hv
ヤクルトOBだぞ

7: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)12:04:49 ID:Hrx
>>4
ヤクルト広沢と阪神広澤は別人なんだよなぁ

5: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)12:03:33 ID:Hrx
杉浦にメディアを通して未だに個人名出して批判されるとかよっぽどやろ...

10: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)12:08:25 ID:7hv
――背番号8のチームリーダーですか?

杉浦 さっきのスライディングの件にしてもそうですけど、みんなが「あの悔しさを忘れない」と思っていたのに、当の本人だけはあまりそういう意識を感じられなかったのが、とても残念でした。
1992年の日本シリーズ中にもシートノックを受けているときに「なんで、こんなことをしなくちゃいけないんだろう」と言っていました。
四番打者がチンタラしていたらチームのムードに影響するので、「お前のための練習なんだから、きちんとやれ!」って怒鳴りましたよ

17: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/01(水)12:18:19 ID:YGj
杉浦自身ただのヤクルト会社員だから何もお構いなしに言える立場だもんな

引用元: ・http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1556679681/