9c3fd3df-s
1: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:42:56.61 ID:JR2Lmz7K0
【広島】

丸が残留すれば4連覇はより確実だったと思われるが、移籍しても穴を埋める選手はいる。戦力的には万全で、丸の代役には野間が成長。
夏に丸が一時的にけがで抜けた際、野間が見事にカバーした。外野は右翼鈴木誠也、中堅野間、左翼が下水流、松山、バティスタら選手の状態と相手投手との相性など勘案して併用されると思われる。
特にバティスタは99試合に出場し25本塁打。全66安打中25発は、3安打のうち1本が本塁打という驚異的な“柵越え率”。相手にとっても脅威だ。

若手の中でもソフトバンクから移籍してきた曽根海成は内外野をこなせる万能選手でウエスタンで打率3割1分7厘、1軍でも11試合で同2割7分8厘とブレーク気配。
広島の選手層は厚く、19年も優勝候補筆頭だ。

8: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:44:11.89 ID:JR2Lmz7K0





2: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:43:08.79 ID:JR2Lmz7K0
【ヤクルト】

先発が課題だ。今季はブキャナンが10勝11敗で唯一の2桁勝利投手。6勝7敗の原樹理も後半、良くなってきた。中継ぎの秋吉を放出し日本ハムから先発候補の高梨をトレードで獲得。
先発を補強した。今季先発投手は39勝50敗、防御率4・32で勝利数、防御率はセ界最低数字。35ホールドの近藤、
35セーブの石山とリリーフ陣は徐々に整備されつつあるだけに、先発さえしっかりしてくれば優勝もあり得る。17年に96敗したが今季75勝66敗2分けの2位に急浮上。
思い起こせば広島3連覇が始まる前の15年ペナント覇者はヤクルトだった。打線はバレンティン、山田、青木、雄平、坂口、1年稼働できれば畠山、川端と猛者ぞろい。

<期待の選手>

来季2年目の村上宗隆が楽しみだ。17年秋のドラフト会議で清宮幸太郎を外したヤクルト、巨人、楽天の3球団から外れ1位で指名された逸材。
今年11~12月に台湾で行われたアジア・ウインターリーグでは打点、本塁打の2冠王に輝き、プロの水にも慣れてきた。来季、三塁手で器用すれば川端との併用となるが、筒香クラスの和製大砲に一気に化ける気配も漂う。

74: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 11:00:50.45 ID:3ua+5GMiDNEWYEAR
>>2
投手が課題とか言ってる時点で見てないやん

80: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 11:02:07.14 ID:op+SqMly0
>>74
×投手
○先発投手

3: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:43:23.32 ID:JR2Lmz7K0
【巨人】

丸のFA加入で攻撃陣は文句のない打線だ。いっぽう、中継ぎ以降の整備が課題だ。
守護神がしっかりした投手を据えたいが、カミネロ、マシソン、アダメス、沢村…。7、8、9回の「勝利の方程式」をどう編成するか。

巨人は勝率4割8分6厘で3位。メルセデス(5勝4敗)が終盤、好投し何とかAクラスに踏みとどまったが、シーズン負け越しは06年以来8度目。
15年から4年連続V逸は44、46~48年(45年は戦争で休止)03~06年に並び3度目の球団ワーストタイ記録だった。「球界の盟主」が復権できるか。

4: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:43:34.60 ID:JR2Lmz7K0
【DeNA】

昨季17年に今永11勝、浜口10勝の計21勝を稼いだ両左腕が今季ともに4勝ずつ。石田も3勝に終わり3人の左腕で計11勝と不本意な結果となった。ラミレス監督も大誤算だったに違いない。
チームは4位と失速した。今季、新人王を獲得した1年目の東が11勝5敗で勝ち頭。東が結果を残しただけに今永、浜口、石田の不調が悔やまれる。
来季は国産4人で「サウスポー王国」の存在感を示したい。DeNAはルーキーが活躍する傾向があり、ドラ1で獲得した東洋大・上茶谷にも期待がかかる。
先発陣は17年にFA移籍した山口俊の人的補償で巨人から獲得した平良拳太郎が今季13試合に先発し5勝3敗と実力を発揮し始めたのはプラス材料。

打線はソト、宮崎、筒香、ロペスと強力すぎる顔ぶれ。投打かみ合えば優勝の可能性もある。

6: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:43:47.44 ID:JR2Lmz7K0
【中日】

13勝9敗、防御率2・99のエース・ガルシアが阪神へ移籍した。先発投手陣はかなりキツい。抑え候補もまだわからない。
チーム防御率4・36は12球団最低。中継ぎも苦しい状況となっている。かつて投手王国と言われた時代もあったが、15年以降、防御率は下降の一途。
15年→3・19、16年→3・65、17年→4・05、18年→4・36。投手王国再建へ与田新監督の手腕、球団の編成(補強)にも注目。

打線はまずまずの戦力だ。ビシエド、アルモンテ、平田、大島ら実力派ぞろい。17年新人王の京田は今季2年目のジンクスにハマったが、巻き返しに期待。
また、投手では小笠原が秋に左肘の手術を終え、来季に向かう。今季5勝6敗、防御率4・11に終わったが、甲子園優勝投手のポテンシャルからすればこんなものではないだろう。


7: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:44:00.04 ID:JR2Lmz7K0
【阪神】

17年に2位だった阪神が今季最下位に沈んだ。昨年のAクラスは中継ぎの奮闘があったからこそ。特にマテオが17年→防御率2・75から今季→同6・75へ。
厳しい場面での登板が多かったが岩崎も17年→防御率2・39から今季→同4・94と数字を落とした。
終盤、能見をセットアッパーに回してやりくりしたが、及ばなかった。昨年チーム最多となる12勝6敗の秋山も今季は5勝10敗。首脳陣の計算も狂っただろう。

糸井、福留とベテランは気をはいたがロサリオが不発だった。打線には外国人助っ人が不可欠だが、メジャー通算30発、エンゼルスからFAとなっていたジェフリー・マルテ内野手を獲得し補強。
投手陣もオリックス西、中日ガルシアの両2桁勝利投手を獲得できたのは大きかった。投打にわたり、選手補強で課題克服に努める姿勢は評価できる。

中谷、江越、陽川、高山ら若手のいい選手がはじけそうではじけない…。誰か1人出てくれば打線も若返るが。

26: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:47:02.91 ID:0eJHUS44x
里崎は非常識のすすめ だけは面白いけど
内容がすでにWebで語ってる内容が多いからそこが不満やな

36: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:49:07.51 ID:m607bHZj0
正直元野球選手の戦力分析って相当レベル低いよな

37: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:49:45.86 ID:ajzsMNKL0
誰が毎年当てるんや?
競馬予想の水上が一番当ててるイメージや

41: 風吹けば名無し 2019/01/02(水) 10:50:38.68 ID:PupYZBLdM
広島 優勝候補筆頭
ヤク 優勝もあり得る
巨人 V奪回も視野
横浜 優勝の可能性もある
中日 甲子園優勝
阪神

引用元: ・http://swallow.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1546393376/