明治神宮大会環太平洋大4-2法大>◇11日◇大学の部2回戦◇神宮

ヤクルト2位の法大・中山翔太内野手(4年=履正社)は1安打で敗戦し大学野球を終えた。

5回までの3打席はすべて走者を背負って回ったが、厳しく内角を攻められた。「正直、勝ちに行って勝てなかったので悔しいが、やりきった。バシバシ(内角に)来ていたが、しっかりとチャンスで打てなかったからダメだった。1発で仕留める力が足りない」とサバサバした表情で振り返った。それでも、最終打席となった8回には追い込まれながら右前へ運んで意地を見せた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181111-00389187-nksports-base

up