1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:06:44 ID:6QV
昨日ワイはガバガバ戦力分析スレを立てたんやが、その中でWBCについても触れたんや
でも実際のところどれだけWBCが選手に影響を与えるかの具体的な数字は見たことがなかったから、結局曖昧なまま進めたんや
だから今日は過去のWBCに選出された選手がシーズンではどんな成績を残したかをまとめて見ていくで

2: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:07:17 ID:or2
期待
bob





3: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:08:05 ID:x6n
WBC前年の成績とWBC後シーズンの成績比較
アメリカ代表
ヒース・ベル(第2回、第3回)
2008年 74試合 6勝 6敗 0セーブ 23ホールド 奪三振71 防御率3.58 WHIP1.21
2009年 68試合 6勝 4敗 42セーブ 0ホールド 奪三振79 防御率2.71 WHIP1.12

2012年 73試合 4勝 5敗 19セーブ 13ホールド 奪三振59 防御率5.09 WHIP1.56
2013年 69試合 5勝 2敗 15セーブ 8ホールド   奪三振72 防御率4.11 WHIP1.37

グレン・パーキンス(第3回)
2012年 70試合 3勝 1敗 16セーブ 11ホールド  防御率2.56 WHIP1.04
2013年 61試合 2勝 0敗 36セーブ 0ホールド   防御率2.30 WHIP0.93

スティーブ・シシェック(第3回)
2012年 68試合 5勝 2敗 15セーブ 13ホールド 奪三振68 与四球29 防御率2.69 WHIP1.30
2013年 69試合 4勝 6敗 34セーブ  1ホールド 奪三振74 与四球22 防御率2.33 WHIP1.08

クレイグ・キンブレル(第3回) 
2012年 63試合 3勝 1敗 42セーブ ホールド0 防御率1.01 WHIP0.65
2013年 68試合 4勝 3敗 50セーブ ホールド0 防御率1.21 WHIP0.88

ジョナサン・ルクロイ(第3回)
2012年 試合 96 打率.320  12本 58打点 OPS.881 盗塁4
2013年 試合147 打率.280 18本 82打点 OPS.795 盗塁9

エリック・ホズマー
2012年 152試合 打率.232 19本 60打点 OPS.663 盗塁16
2013年 159試合 打率.302 14本 79打点 OPS.801 盗塁11

アダム・ジョーンズ
2012年 162試合 打率.287 32本  82打点 OPS.839 盗塁16
2013年 160試合 打率.285 33本 108打点 OPS.811 盗塁14

4: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:08:45 ID:x6n
日本
2012年NPB平均防御率2.94
2013年NPB平均防御率3.65
田中将大
2012 10勝 4敗 0セーブ 完投8 完封3 173回 防御率1.87 WHIP1.03
2013 24勝 0敗 1セーブ 完投8 完封2 212回 防御率1.27 WHIP0.94

前田健太
2012 14勝 7敗 5完投 2完封 206回 防御率1.53 WHIP0.99
2013 15勝 7敗 3完投 1完封 175回 防御率2.10 WHIP0.96

能見篤史
2012 10勝 10敗 3完投 2完封 182回 防御率2.42 WHIP1.07
2013 11勝 7敗 6完投 2完封 180回 防御率 2.69 WHIP1.08

鳥谷敬
2012年 144試合 打率.262 8本 59打点 四球94 OPS.748 15盗塁
2013年 144試合 打率.282 10本 65打点 四球104 OPS.812 15盗塁

本田雄一
2012年 123試合 打率.246 0本 31打点 OPS.593 盗塁34
2013年 120試合 打率.283 2本 37打点 OPS.699 盗塁22

内川聖一
2012年 114試合 打率.300  7本  53打点 OPS.734
2013年 138試合 打率.316 19本 92打点 OPS.853

中田翔
2012年 144試合 打率.239 24本 77打点 OPS.727 
2013年 108試合 打率.305 28本 73打点 OPS.931 
>>2013年はシーズン後半に死球で骨折

5: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:09:11 ID:x6n
アレッサンドロ・マエストリ(イタリア)
2012年 49回 4勝 3敗 防御率2.17 WHIP1.15
2013年 75回 7勝 5敗 防御率5.40 WHIP1.45

ウラディミール・バレンティン(オランダ)
2012年 106試合 打率.277 31本  81打点 OPS.958
2013年 130試合 打率.330 60本 131打点 OPS.1.234

アルフレド・サイモ(ドミニカ)
2012年 36試合 3勝 2敗 1セーブ 1ホールド 37奪三振 防御率2.66 WHIP1.43
2013年 63試合 6勝 4敗 1セーブ 6ホールド 83奪三振 防御率2.87 WHIP1.07

サンティアゴ・カシーヤ(ドミニカ)
2012年 73試合 7勝 6敗 25セーブ 12ホールド 防御率2.84 WHIP1.22
2013年 57試合 7勝 2敗  2セーブ 23ホールド 防御率2.16 WHIP1.28

ホセ・ベラス(ドミニカ)
2012年 72試合 5勝 4敗 1セーブ 11ホールド 与四球44 防御率3.63 WHIP1.51
2013年 67試合 0勝 5敗 5セーブ 21ホールド 与四球22 防御率3.02 WHIP1.07

カルロス・サンタナ(ドミニカ)
2012年 143試合 打率.252 18本 76打点 OPS.785 
2013年 154試合 打率.268 20本 74打点 OPS.832

スコット・マシソン(カナダ)
2012年 40試合 2勝 0敗 0セーブ  8ホールド 防御率1.71 WHIP0.98
2013年 63試合 2勝 2敗 2セーブ 40ホールド 防御率1.03 WHIP0.89

6: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:11:08 ID:6QV
どうやって見ていくかなんやが
選出された選手のWBCの年の成績とその前年の成績を比較していくで
ただ投手も野手もあんまり比較する項目が多いとややこしくなるんでとりあえず

投手は登板、勝星、セーブ、ホールド、イニング、奪三振、防御率
野手は試合、安打、本塁打、打点、盗塁、打率、出塁率、OPS

だけで簡単に比較してくで

7: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:11:35 ID:6QV
今日は第1回のWBC選出メンバーについて見てくで

8: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:12:09 ID:6QV
まず投手陣から

清水直行(2005)23登板10勝 0セーブ 0ホールド 164.1回 99奪三振 防御率 3.83
清水直行(2006)25登板10勝 0セーブ 0ホールド 171.0回 137奪三振 防御率 3.42
   差+2登板 0勝 0セーブ 0ホールド +6.2回 +38奪三振 防御率-0.41

渡辺俊介(2005)23登板15勝 0セーブ 0ホールド 187.0回 101奪三振 防御率 2.17
渡辺俊介(2006)23登板 5勝 0セーブ 0ホールド 147.0回 105奪三振 防御率 4.35
差 0登板 -10勝 0セーブ 0ホールド -40.0回 +4奪三振 防御率+2.18

小林宏之(2005)23登板12勝 0セーブ 0ホールド 160.2回 129奪三振 防御率 3.30
小林宏之(2006)20登板10勝 0セーブ 0ホールド 142.2回 120奪三振 防御率 2.78
差-3登板-2勝 0セーブ 0ホールド -18.0回 -9奪三振 防御率-0.52

藤田宗一(2005)45登板 1勝 0セーブ 24ホールド 38.2回 31奪三振 防御率 2.56
藤田宗一(2006)56登板 4勝 0セーブ 23ホールド 40.2回 35奪三振 防御率 3.54
差 +11登板 +3勝 0セーブ -1ホールド +2.0回 +4奪三振 防御率+0.98

薮田安彦(2005)51登板 7勝 2セーブ19ホールド 55.2回 54奪三振 防御率 3.07
薮田安彦(2006)47登板 4勝 1セーブ18ホールド  55.0回 48奪三振 防御率 2.62
差-4登板-3勝 -1セーブ-1ホールド -0.2回 -6奪三振 防御率-0.45

2005年の優勝チームロッテからは投手陣最多の5名が選出や
この中だとシュンスケと藤田の防御率の落ちが目立ってるな
他の3人はそれぞれ微減微増はあれど、防御率は良化しとるしそこまで影響はなかったと思うわ

9: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:12:54 ID:6QV
和田毅(2005)25登板12勝 0セーブ 0ホールド 181.2回 167奪三振 防御率 3.27
和田毅(2006)24登板14勝 0セーブ 0ホールド 163.1回 136奪三振 防御率 2.98
差-1登板+2勝 0セーブ 0ホールド -18.1回 -31奪三振 防御率-0.29

杉内俊哉(2005)26登板18勝 0セーブ 0ホールド 196.2回 218奪三振 防御率 2.11
杉内俊哉(2006)22登板 7勝 0セーブ 0ホールド 132.2回 114奪三振 防御率 3.53
差-4登板 -11勝 0セーブ 0ホールド -64.0回 -104奪三振 防御率+1.42

馬原孝浩(2005)42登板 6勝 22セーブ 2ホールド 76.0回 68奪三振 防御率 3.08
馬原孝浩(2006)51登板 0勝 29セーブ 1ホールド 54.2回 62奪三振 防御率 1.65
差 +9登板 -6勝 +7セーブ-1ホールド -21.1回 -6奪三振 防御率-1.43

2005年に2位のソフトバンクからは2番目に多い3名の選出や
和田馬原は良化しとるけど杉内はほぼ全ての項目で悪化しとるな

10: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:13:06 ID:5f6
はい

11: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:14:38 ID:6QV
久保田智之(2005)68登板 5勝 27セーブ 3ホールド 80.2回 97奪三振 防御率 2.12
久保田智之(2006)47登板 5勝 16セーブ 2ホールド 50.0回 57奪三振 防御率 3.96
   差 -21登板 0勝 -11セーブ-1ホールド -30.2回 -40奪三振 防御率+1.84

藤川球児(2005)80登板 7勝 1セーブ46ホールド 92.1回 139奪三振 防御率 1.36
藤川球児(2006)63登板 5勝 17セーブ30ホールド 79.1回 122奪三振 防御率 0.68
差 -17登板-2勝 +16セーブ -16ホールド -13.0回 -17奪三振 防御率-0.68

2005年にセリーグを制覇した阪神からは3番目に多い2名の選出や
藤川は全盛期だけあってWBCの影響を全く感じさせない圧倒的な成績を残しとる
久保田は勝数を除いた全ての項目が大幅に悪化しとるな

松坂大輔(2005)28登板14勝 0セーブ 0ホールド 215.0回 226奪三振 防御率 2.30
松坂大輔(2006)25登板17勝 0セーブ 0ホールド 186.1回 200奪三振 防御率 2.13
差-3登板+3勝 0セーブ 0ホールド -28.2回 -26奪三振 防御率-0.17

西武からは大エース時代の松坂1人の選出や
イニングと奪三振は若干減ってるが、防御率や勝数を見る限り特に影響はなかったんやないかな

12: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:15:34 ID:6QV
上原浩治(2005)27登板 9勝 0セーブ 0ホールド 187.1回 145奪三振 防御率 3.31
上原浩治(2006)24登板 8勝 0セーブ 0ホールド 168.1回 151奪三振 防御率 3.21

差-3登板 -1勝 0セーブ 0ホールド -19.0回 +6奪三振 防御率-0.10

かなり苦しんでた時代の巨人からも上原1人の選出や
イニングは若干減っとるが奪三振防御率は良化しとるしこいつも影響はなさそうや

石井弘寿(2005)61登板 4勝 37セーブ10ホールド 73.2回 91奪三振 防御率 1.95
石井弘寿(2006)11登板 0勝 6セーブ 1ホールド 10.1回 14奪三振 防御率 4.35

差 -50登板-4勝 -31セーブ -9ホールド -63.1回 -77奪三振 防御率+2.40

ヤクルトからは石井1人の選出やったが、1次ラウンドで肩を痛めて2次には出られなかったんや
結局その怪我から復活することがなかったのは悲しいなあ...

大塚晶則(2005)66登板 2勝 1セーブ22ホールド 62.2回 60奪三振 防御率 3.59
大塚晶則(2006)63登板 2勝 32セーブ 7ホールド 59.2回 47奪三振 防御率 2.11

差-3登板 0勝 +31セーブ -15ホールド -3.0回 -13奪三振 防御率-1.48

投手陣で唯一メジャーから駆けつけてくれたのは守護神大塚や
WBCの年はクローザーに定着して大車輪の活躍、防御率も1点以上下げるという流石の成績で影響は全く感じられんな

13: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:15:40 ID:J9L
良スレ

14: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:15:45 ID:Uux
骨折がなければ三割打者中田翔が存在してた可能性が微レ存やったのになあ

15: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:16:37 ID:6QV
最後に一応2005年と2006年の成績の差の平均値、中央値も乗せとくで

平均 -6.2登板 -2.2勝 1.8セーブ -6.3ホールド -22.1回 -8.8奪三振 防御率 0.24

中央値 -3.0登板 -1.5勝 3.0セーブ-1.0ホールド -7.5回 -7.5奪三振防御率-0.23

16: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:18:06 ID:6QV
ほとんどの項目で減少してるんやけど、どれも大幅に減ってるってほどじゃないんや
2006年においてはWBCの選出が投手陣に与えた影響は案外そうでもなかったのかもしれんな

17: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:18:08 ID:B3Q
第三回に関しては加藤球があるから考慮せんとな

18: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:18:12 ID:J9L
あんま影響はないんかな

19: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:19:05 ID:6QV
続いて野手陣いくで

里崎智也(2005) 94試合 90安打 10本塁打 52打点 1盗塁 打率 .303 出塁率 .361OPS .842
里崎智也(2006)116試合101安打 17本塁打 56打点 2盗塁 打率 .264 出塁率 .351OPS .815

差+22試合+11安打 +7本塁打 +4打点 +1盗塁 打率-.039 出塁率-.010OPS -.027

西岡剛(2005)122試合120安打 4本塁打 48打点 41盗塁 打率 .268 出塁率 .320OPS .714
西岡剛(2006)115試合120安打 4本塁打 27打点 33盗塁 打率 .282 出塁率 .358OPS .747

差 -7試合 0安打 0本塁打 -21打点 -8盗塁 打率+.014 出塁率+.038OPS +.033

今江敏晃(2005)132試合143安打 8本塁打 71打点 4盗塁 打率 .310 出塁率 .353OPS .804
今江敏晃(2006)126試合122安打 9本塁打 47打点 3盗塁 打率 .267 出塁率 .293OPS .682

差 -6試合-21安打 +1本塁打 -24打点 -1盗塁 打率-.043 出塁率-.060OPS -.122

野手陣でも最多タイの3人が選出されたロッテや
里崎西岡はそれぞれの項目が増えたり減ったりやけど全体的にはそこまで影響はなかったように見えるな
今江は本塁打が1本増えた以外は全部減少、打率に至っては5分近く下げとる

20: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:19:59 ID:6QV
相川亮二(2005)144試合129安打 8本塁打 46打点 0盗塁 打率 .259 出塁率 .316OPS .664
相川亮二(2006)119試合 95安打 6本塁打 39打点 2盗塁 打率 .245 出塁率 .301OPS .641

差-25試合-34安打 -2本塁打 -7打点 +2盗塁 打率-.014 出塁率-.015OPS -.023

多村仁(2005)117試合137安打 31本塁打 79打点 2盗塁 打率 .304 出塁率 .369OPS .947
多村仁(2006) 39試合 35安打 8本塁打 20打点 5盗塁 打率 .276 出塁率 .359OPS .847

差-78試合-102安打-23本塁打 -59打点 +3盗塁 打率-.028 出塁率-.010OPS -.100

金城龍彦(2005)144試合191安打 12本塁打 87打点 1盗塁 打率 .324 出塁率 .361OPS .800
金城龍彦(2006)144試合148安打 11本塁打 59打点 2盗塁 打率 .268 出塁率 .333OPS .708

差 0試合-43安打 -1本塁打 -28打点 +1盗塁 打率-.056 出塁率-.028OPS -.092

2005年に3位に入った横浜からも3人が選出されとる
ここは3人全員がかなり数字を落としとるな
まあそのうち1人はおなじみのやつでとんでもない急降下を見せとるが、これがWBCの影響かといわれると怪しい所や

21: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:20:29 ID:6QV
岩村明憲(2005)144試合175安打 30本塁打 102打点 6盗塁 打率 .319 出塁率 .388OPS .943
岩村明憲(2006)145試合170安打 32本塁打 77打点 8盗塁 打率 .311 出塁率 .389OPS .933

差 +1試合 -5安打 +2本塁打 -25打点 +2盗塁 打率-.008 出塁率+.001OPS -.010

宮本慎也(2005)135試合145安打 7本塁打 47打点 5盗塁 打率 .265 出塁率 .312OPS .658
宮本慎也(2006) 73試合 82安打 2本塁打 34打点 3盗塁 打率 .304 出塁率 .337OPS .711

差-62試合-63安打 -5本塁打 -13打点 -2盗塁 打率+.039 出塁率+.025OPS +.053

青木宣親(2005)144試合202安打 3本塁打 28打点 29盗塁 打率 .344 出塁率 .387OPS .803
青木宣親(2006)146試合192安打 13本塁打 62打点 41盗塁 打率 .321 出塁率 .396OPS .836

差 +2試合-10安打+10本塁打 +34打点 +12盗塁 打率-.023 出塁率+.009OPS +.033

ヤクルトからも3人が選出されとるな
主軸の岩村と前年に彗星のごとく現れた青木はほとんど影響を感じさせない活躍ぶりや
宮本は打率出塁率は上がっとるが怪我で規定を割ってるせいで各項目が前年以下になっとるな

22: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:20:56 ID:6QV
谷繁元信(2005)141試合105安打 14本塁打 65打点 3盗塁 打率 .234 出塁率 .338 OPS .715
谷繁元信(2006)141試合100安打 9本塁打 38打点 0盗塁 打率 .234 出塁率 .347 OPS .700

差 0試合 -5安打 -5本塁打 -27打点 -3盗塁 打率 .000 出塁率+.009 OPS -.015

福留孝介(2005)142試合169安打 28本塁打 103打点 13盗塁 打率 .328 出塁率 .430OPS 1.020
福留孝介(2006)130試合174安打 31本塁打 104打点 11盗塁 打率 .351 出塁率 .438OPS 1.091

差-12試合 +5安打 +3本塁打 +1打点 -2盗塁 打率+.023 出塁率+.008OPS +.071

中日からは2人が選出や
谷繁はホームランが減った以外はほとんど変わらん成績を残しとる
そのホームランも2005年を最後に2桁打ててないところを見ると、WBCの影響というよりは年齢的な衰えだったのかもしれんな
見ての通り福留は1人だけ異次元の成績やな、完全に化け物や

23: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:21:21 ID:6QV
松中信彦(2005)132試合152安打 46本塁打 121打点 2盗塁 打率 .315 出塁率 .412OPS 1.075
松中信彦(2006)131試合145安打 19本塁打 76打点 2盗塁 打率 .324 出塁率 .453OPS .981

差 -1試合 -7安打-27本塁打 -45打点 0盗塁 打率+.009 出塁率+.041OPS -.094

川崎宗則(2005)102試合108安打 4本塁打 36打点 21盗塁 打率 .271 出塁率 .326OPS .672
川崎宗則(2006)115試合140安打 3本塁打 27打点 24盗塁 打率 .312 出塁率 .364OPS .774

差+13試合+32安打 -1本塁打 -9打点 +3盗塁 打率+.041 出塁率+.038OPS +.102

ソフトバンクからはこの2人
川崎は完全に前年の成績を超えたといっていいやろな
松中は全体的に成績を落としとるけど、2006年以降は以前ほどの成績を残せなかったから衰えの始まりだった可能性もあるな

24: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:22:10 ID:6QV
小笠原道大(2005)133試合145安打 37本塁打 92打点 2盗塁 打率 .282 出塁率 .362OPS .920
小笠原道大(2006)135試合155安打 32本塁打 100打点 4盗塁 打率 .313 出塁率 .397OPS .970

差 +2試合+10安打 -5本塁打 +8打点 +2盗塁 打率+.031 出塁率+.035OPS +.050

サンキューガッツ

新井貴浩(2005)142試合165安打 43本塁打 94打点 3盗塁 打率 .305 出塁率 .353OPS .956
新井貴浩(2006)146試合169安打 25本塁打 100打点 1盗塁 打率 .299 出塁率 .336OPS .814

差 +4試合 +4安打-18本塁打 +6打点 -2盗塁 打率-.006 出塁率-.017OPS -.142

広島からは新井さん1人や、本塁打がかなり減少した以外は維持しとるな
本塁打もこの2005年だけが飛びぬけて多かったし、単に確変だっただけで2006年の成績も普段通りだったんやないかと思うわ

25: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:22:40 ID:6QV
和田一浩(2005)129試合153安打 27本塁打 69打点 3盗塁 打率 .322 出塁率 .397OPS .969
和田一浩(2006)131試合144安打 19本塁打 95打点 3盗塁 打率 .298 出塁率 .392OPS .886

差 +2試合 -9安打 -8本塁打 +26打点 0盗塁 打率-.024 出塁率-.005OPS -.083

西武からは和田さん1人や、ホームランと打率が若干減少しとるな

イチロー(2005)162試合206安打 15本塁打 68打点 33盗塁 打率 .303 出塁率 .350OPS .786
イチロー(2006)161試合224安打 9本塁打 49打点 45盗塁 打率 .322 出塁率 .370OPS .786

差 -1試合+18安打 -6本塁打 -19打点 +12盗塁 打率+.019 出塁率+.020OPS .000

野手陣唯一のメジャーリーガーは毎度おなじみイチローや
2005年にやや調子が悪かったせいもあってか、2006年の方が全体的に向上してると言えるやろな

26: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:23:30 ID:6QV
最後に一応2005年と2006年の成績の差の平均値、中央値も乗せとくで

平均-8.6試合 -12.9安打 -4.6本塁打 -11.6打点 1.2盗塁打率-.004 出塁率+.005 OPS-.022

中央値 0試合 -5安打 -2 本塁打 -13 打点+1 盗塁打率-.006 出塁率+.008 OPS-.015

27: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:24:42 ID:6QV
投手同じで大体の項目で減少しとるんやが、どちらかというと野手の方がやや減少の幅が大きいように感じるな
そこまで大きな差ってわけでもないんやけど

28: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:24:48 ID:b3M
2006年がwbcなら、2005年と共に2007年のデータも載せるべきだったのでは?
それに1歳年を取ってる訳やからWBCの影響か老化の影響かの区別も付けられないと思う

29: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:27:32 ID:6QV
>>28
すまんな、確かにその通りや
老化や衰え等WBC以外の要因で差が出てそうな部分は成績を調べたときに見た情報で
ワイが判断、もしそれらの影響がありそうならコメントで触れてるんやがデータスレやしデータだけを載せて客観的に判断すべきやった

30: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:28:48 ID:6QV
最後に2005年、2006年の順位表に選出人数を加えたやつや

2005年セリーグ            2006年セリーグ

1 阪神 → 2人選出(投手2野手0) → 1 中日
2 中日 → 2人選出(投手0野手2) → 2 阪神
3 横浜 → 3人選出(投手0野手3) → 3 ヤク
4 ヤク → 4人選出(投手1野手3) → 4 巨人
5 巨人 → 1人選出(投手1野手0) → 5 広島
6 広島 → 1人選出(投手0野手0) → 6 横浜

2005年パリーグ            2006年パリーグ

1 千葉 → 8人選出(投手5野手3) → 1 ハム
2 福岡 → 5人選出(投手3野手2) → 2 西武
3 西武 → 2人選出(投手1野手2) → 3 福岡
4 オリ → 0人選出(投手0野手0) → 4 千葉
5 ハム → 1人選出(投手0野手1) → 5 オリ
6 楽天 → 0人選出(投手0野手0) → 6 楽天

31: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:29:35 ID:6QV
2006年の第1回WBCの分はこれで終わりや

32: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:31:32 ID:6QV
2009年と2013年は明日以降にまとめてやるで

さっきも指摘されとったが、こうした方が良いとかこれはいらないとかそういうのがあったら次のに反映するから書いてな

33: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:32:06 ID:6QV
他にも質問や異論、間違いなんかがあったら教えてな

35: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:34:43 ID:70v
このデータ意味あるか?

34: 名無しさん@おーぷん 2017/03/06(月)23:34:14 ID:QOg
怪我人おるから中央値平均値が下がるな