ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    a3daa8e9

    1: 風吹けば名無し 2017/11/01(水) 00:48:21.59 ID:k9a9CDxSd
    野村「なんでこんな選手を見逃したんだって」
    ワイ「はえ~」

    鈴木 一年目 オープン戦出場なし

    ワイ「」

    3: 風吹けば名無し 2017/11/01(水) 00:48:52.86 ID:/3hnTVqW0

    【ノム「1年目のオープン戦でイチローを見てスカウトに怒った」 】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/11/01(水) 06:00:08.18 ID:kO4KUv72p
    メッツは10月30日(日本時間31日)、青木宣親外野手(35)を自由契約にしたと発表した。今後はフリーエージェント(FA)になり、日米他球団との交渉も可能になる。
    ヤクルトの衣笠剛球団社長兼オーナー代行は「
    (日本に)帰ってくるなら受け入れる準備をしないといけない」と話した。青木が12年にメジャー移籍して以降も良好な関係で
    「彼自身、できる限りメジャーでやりたいと前々から言っている。もう少し向こう側(メジャー)の情報を見てから」と決断を静観する構えを示した。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171101-00000014-spnannex-base

    03

    2: 風吹けば名無し 2017/11/01(水) 06:01:03.08 ID:1v8E40810
    まだやれそうやけどなー

    【【朗報】青木古巣、ヤクルトが獲得準備「帰ってくるなら受け入れる」 】の続きを読む

    DIsIYL8VYAId-by

    1: 風吹けば名無し 2017/10/31(火) 15:07:01.04 ID:q8AYEvnu0
    https://news.yahoo.co.jp/pickup/6259389
    メッツ、青木を自由契約に 今季は3球団に所属した激動の一年

    2: 風吹けば名無し 2017/10/31(火) 15:07:22.75 ID:q8AYEvnu0
    今後はフリーエージェント(FA)となり、日米他球団との交渉も可能になる。(

    【ヤクルトに青木が帰ってくるかも!?】の続きを読む

    dab368b4

    1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/31(火)15:26:46 ID:MdV
    それに近い去年のオリックスファンクラブ特典
    チケット無し内外野自由席入り放題
    エクストラプレミアム 180000円

    何円まで出す?

    4: 名無しさん@おーぷん 2017/10/31(火)15:29:02 ID:MdV
    全席指定席の球場もあるけど
    当日行けば必ず入れると仮定で

    【仮に全球団全球場入り放題の権利があったら幾らまで出す?】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し 2017/10/31(火) 16:27:56.38 ID:CnFl1J820
    プロ野球独立リーグ「BCリーグ」の栃木ゴールデンブレーブスは27日、公式サイトで
    吉田えり投手(25=練習生)ら13選手の退団(自由契約)を発表した。

     吉田はナックルボールを武器に“ナックル姫”として活躍。2008年11月、関西独立リーグ
    「神戸9クルーズ」と契約し、日本初の「男性と同一チームでプレーする女性プロ野球選手」と
    なった。10年から約2年半の米国・独立リーグ生活を経て日本球界に復帰した。

     2017年シーズンから栃木ゴールデンブレーブスに所属となったが、6月「ケガの治療のため」
    練習生契約に変更された。

     吉田はこの日、自身のブログで退団を報告。「たくさんのご声援、ご支援、本当にありがとう
    ございました!!」と感謝の言葉をつづった。29日のファン感謝デーには参加する。

    東スポWEB
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00000055-tospoweb-base
    no title

    13: 風吹けば名無し 2017/10/31(火) 16:31:39.04 ID:6nH+p6fk0
    割と好き

    【ナックル姫・吉田えり投手、解雇 】の続きを読む

      このページのトップヘ