ツバメ速報@東京ヤクルトスワローズまとめ

セリーグのプロ野球球団、東京ヤクルトスワローズをまとめるブログ。 なんj(なんでも実況j)おんj(おーぷん2ch)からお届けします。 実況パワプフルプロ野球(パワプロ)やパワプロアプリ情報もあるぞ。

    415: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/29(土)20:29:37 ID:yd3
    いったああああああああああああああああああああああああ

    426: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/29(土)20:29:51 ID:Odr
    (●;◇;●)おおおおおおおおおおおおおお
    ft

    【【GIF】雄平の2ランホームランで先制!!!!!!】の続きを読む

    1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/29(土) 15:11:02.67 ID:+B3AhlZ80NIKU
    東京ヤクルトスワローズは畠山(33)内野手の保険に獲得した
    グリーン内野手までもが、23日練習中に左ふくらはぎを肉離れし
    長期離脱の見込みだ
    http://www.zakzak.co.jp/smp/sports/baseball/news/20170428/bbl1704281700005-s1.htm
    3


    3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/04/29(土) 15:12:44.86 ID:+B3AhlZ80NIKU
    ヤクルトは不幸すぎる

    【チーム打率不振に苦しむヤクルトに更に試練が!】の続きを読む

    555


    1: 風吹けば名無し 2016/08/23(火)12:36:19 ID:th9
    ※試合前の関連ニュース

     ヤクルトのドラフト1位左腕寺島成輝投手(18)がプロ入り後、初の実戦登板にのぞんだ。

     先発で1イニングのみだったが、先頭の白崎を138キロの直球で三ゴロ、続く佐野を125キロのスライダーで中飛に抑え、わずか5球で2死を奪う。3番宮崎には甘く入った124キロチェンジアップをとらえられて右安を許したが、4番白根を139キロ直球で右飛に打ち取った。

     1回1安打無失点。最速は139キロ、球数は8球だった。直球、スライダー、カーブ、チェンジアップと球種を試しながらの投球だった。
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170429-01815279-nksports-base
    44

    【【燕実況】東京ヤクルトVS巨人 4月29日 神宮 18:00【雑談】】の続きを読む

    無題

    55: 風吹けば名無し 2017/04/28(金) 21:08:15.99 ID:rpM/lHW20
    由規横須賀軍を106球2安打完封で8-0で勝利

    64: 風吹けば名無し 2017/04/28(金) 21:08:47.27 ID:EjSRjg4a0
    >>55
    救世主きたなこれ

    【【二軍】由規が完封でヤクルト8対0の大勝!明日は寺島が登板予定】の続きを読む

    77



    1: 風吹けば名無し 2016/08/23(火)12:36:19 ID:th9
    ※試合前の関連ニュース

     ヤクルトはチーム打率・230(26日時点)とリーグワーストで貧打に悩まされている。救世主として期待されていた新外国人ディーン・グリーン内野手(27)が23日の守備練習中に左ふくらはぎを肉離れし、長期離脱の見込みとなった。まさに弱り目にたたり目だ。

     体重130キロの巨漢で長打力が魅力のグリーンは、小川SDが「畠山の“保険”で獲った」と明言するように、昨年も故障の多かった畠山が離脱したときの代役として補強した。

     実際、畠山は18日の巨人戦(熊本)で左ふくらはぎを肉離れ。グリーンは投手3人を登録した外国人枠の問題もあり、開幕を2軍で迎えたものの、15日にイースタン・リーグ楽天戦でドラフト1位の藤平(横浜高)から1号満塁弾を放つと、6戦4発と打撃開眼。先発右腕のオーレンドルフが23日の広島戦でKOされ2軍に降格し、外国人枠が空いたのに、あろうことか同じ日に大ケガをしてしまった。

     「春先は調子が悪かったけど、ようやく本領を発揮し始めていた。4本打って『よし、1軍だ』と話が出た矢先だった」と2軍首脳陣は苦り切った表情。

    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170428-00000020-ykf-spo
    777

    【【燕実況】東京ヤクルトVS巨人 4月28日 神宮 18:00【雑談】】の続きを読む

      このページのトップヘ